施工事例

夫婦2人でしっぽり暮らせる終の棲家

担当営業より

明星光紀

しっぽりとは、「落ち着いて静かなさま」「しみじみ」という意味。

S様は、子供さんもお孫さんも手を離れ、ひ孫さんの面倒をみながら毎日楽しく暮らしているご夫婦です。

ご夫婦が新居に求められたご要望を叶えつつ、変形の土地形状の問題もクリアした間取りをご提案して、新居が完成しました。

POINT1

部屋の大きさと数は最低限で

S様からの間取りに関するご要望は「部屋の大きさは最低限で、部屋数もご夫婦それぞれの寝室とLDKがあればOK」とのこと。

間取りを見て頂けるとわかると思いますが、本当に2人でしっぽり暮らせる程度の大きさですよね。

でも、仕上がってみると、「これで充分かなー」という感想がスタッフからは聞こえてきました。

S様邸の間取り

POINT2

お客様用と家族用
綺麗な玄関でお出迎え

玄関を開けると現れるのが、お客様用玄関。

右側の壁にある引き戸を開けると家族用の玄関があり、大容量の収納棚が設置してあります。

収納棚の横にハンガーパイプも備わっているので、コート等も掛けられます。

これで、いつ急な来客があっても、綺麗な玄関でお客様をお迎えできます。

お客様用の玄関

家族用の玄関

POINT3

生活動線は短く!
移動ラクラク設計

LDKにはトイレが隣接していて、洗面脱衣室・お風呂はキッチンの後ろにあります。

夫婦それぞれのお部屋から、トイレや洗面脱衣室・お風呂への動線も短いので、生活する上で移動の労力をかけない設計になっています。

LDK

 

節水型トイレ

洗面脱衣室とお風呂

POINT4

日当たりバツグンのLDK

日当たりの良いLDKは、カーペット仕上げ。

フローリングと違ってやわらかいので、座ったり、寝転んだりするのに適しています。

「LDKには堀ごたつを作って、楽な姿勢で暮らせるようにしたい」というご要望通り、コタツは掘りごたつを採用しました。

POINT5

寝室にはタタミ

寝室には落ち着いて休めるようにタタミを採用。
奥様の寝室には、お洋服やお着物などを仕舞えるように、タンスを二竿置けるような板の間も設けました。

ご主人様の寝室

奥様の寝室

お客様の声

準備中

明星光紀

先代(弊社前社長)と深い友人関係という事もあり、終の棲家となる大事な工事をご用命下さいましてありがとうございました。

敷地に限りがあったので、今までのご自宅と比べるとちょっと手狭に感じるかもしれませんが、夫婦2人で仲良く暮らすには丁度良い空間が出来たのではないかな~って思います。

今後も先代共々よろしくお願いします。

TOP