ビニールではない機能的な壁紙も使ってみませんか?

ビニールではない壁紙もあります

私達も良くお客様にご提案している壁紙。ビニールが表面に張られているもの壁紙の主流で、これをビニールクロス(以下:クロス)といいます。

クロスの良い点はいくつもあります。

  • 施工が短工期でコストを抑えられる
  • 多種多様な色柄の中から自分好みのデザインを選べる
  • ある程度湿気をはじき、壁内結露を防ぐ事が出来る

逆にデメリットもあります。

  • 石油製品なので自然素材を採用したい方には不向き(体調不良の原因になるのでは?と心配される方もおられる)
  • ヒビ割れやシワが発生しやすい(これは塗り壁でも同様です)

正直、これらのメリット・デメリットはそれぞれの業界の水掛け論的なものもありますので、自分でしっかり良い面悪い面を調べて自分で何を選ぶのかを決めると後々の後悔が少ないと思います。

そんな中、壁紙は壁紙でもビニールではなく壁紙もありますので、今日は2つの商品をご紹介します。

エコフリース

  • 塗り壁のようなシンプルなデザイン
  • パルプ等の自然素材を主原料とし、強化のためにポリエステルを加えた壁紙用のフリース(不織布)を塗装
  • 通気性・透湿性が高く、結露やカビの発生を抑えてくれる優れもので室内の湿度環境の安定が図れる

という特徴もつ製品です。

エッグウォール

卵の殻を使った壁紙です。

卵の殻の成分はほとんどが炭酸カルシウムで出来ていて、沢山の小さな穴(気孔)があいています。その穴と成分がミソ生活臭などの臭いを吸収したり、余分な湿気を吸収する働きをしてくれる機能を有しています。この製品もエコフリース同様にシンプルな色柄のみの展開となっています。

このシンプルな色柄は木を室内に現した空間にはマッチしますので、先日ご紹介したコラム(木視率)と合わせて検討してみるのも良いかもしれません。

と、ご紹介してみたのは良いのですが、実はまだシティハウスとしてのが採用実績はありません。ビニールクロスに比べて割高なのは間違いないですし、1棟まるごとのご採用は難しいかもしれませんので、主にLDKといった家族が集って長い時間を過ごすお部屋に提案していこうと思います。

【ビニールではない機能的な壁紙】良かったらご採用をご検討してみて下さいね。

CATEGORY
クロス・造作・カーテン12
TAG
家づくり236
マイホーム241
マイホーム計画230
246
住宅216
マイホームの予算95
戸建て173
一戸建て190
TOP