お掃除ロボットに活躍してもらえるように家具の配置や高さを考慮しましょう

忙しい毎日だからこそ猫の手も借りたい気持ちはよく分かります

夫婦共働きの家庭が多い昨今、如何に家事効率をよくして自分(達)の時間を確保するかというのは私達親にとってはとても大事な事です。

住宅設備メーカーもお風呂やキッチン、トイレ等の商品開発をする際は

  • 如何にお掃除の手間を省けるか?
  • 家事の時間短縮を出来るか?
  • 節約(節水・節湯・節電)を出来るか?

というところに目を向けています。

やはり日々生活を送ると家の中も散らかるし、お掃除に時間を取られるので、そのような視点になるのは至極当然ですよね。

お掃除といえば高性能な(吸引力が強い)掃除機が最近人気がありますが、数年前からお掃除ロボットも人気です。

最近では新築祝いにもらえたりするお掃除ロボット

間取りを考える際には然程お掃除ロボットの事を気にする事はありませんが、間取りと合わせて造り付けの家具を設置したり、今使っている家具の配置を考える際はお掃除ロボットの事も少し気にすると良いと思います。

掃除機のヘッドが入りにくいような中途半端な空間が出来る場合は特に注意が必要です。

テレビボード

造り付けのテレビボード・アートランバーリフ(引用元:南海プライウッドWEBカタログ

上の写真のようなテレビボードを設置する場合はあまり低くつけすぎてしまいと掃除機のヘッドも入らないし、お掃除ロボットも入れなくなってしまいます。せっかく掃除の手間を少しでも省こうとしているのに逆に手間が増えてしまうという事も有り得るのです。

一度設置してしても壁の補修を覚悟すれば付け直す事も出来ますが、費用も発生するし気持ちの良いものではありません。

お掃除ロボットを新居で利用する事を考えている方は是非家具の配置や高さ、段差等に目を向けてみて下さい。

CATEGORY
家づくり17
TAG
住まいの不満24
家づくり77
マイホーム86
マイホーム計画80
81
住宅60
戸建て30
TOP