わざと天井を低くするという選択肢もあります

ご存知ですか?天井の高さも選べるのです。

お部屋の天井は高いと空間がゆったりするので、好まれる方が多くとても人気があります。

天井を高くする(吹き抜けをつくる)事によって、空間をゆったり感じれるようになるだけではなく、これらの生活も送る事が出来るようになります。

  • 吹き抜けに設置した窓から沢山の日差しを取り込んで、明るいLDKに出来る
  • 吹き抜けに明けれる事が出来る窓を設置すると空気に流れが生じて換気効果がある
  • 子供部屋まで子供を起こしにいかなくてもキッチンから大きな声で呼びかけられる

しかしながら物事には利益相反な面もありますので、天井を高くするデメリットもあります。

  • 夏は暑く、冬は寒い
  • 高いところの掃除が大変
  • 音や臭いが2階の部屋にまで届く
  • 照明の交換が大変
  • 耐震上不利

といったところです。

リビングに吹き抜けのあるお家(引用元:シティハウス産業HP施工事例

吹き抜けを作る以外にも構造の問題をクリアできれば天井を高くする事もできるのですが、実は最近ではわざと天井を低くするという選択も人気が出てきています。

天井を低くすると空間が圧迫されて生活が窮屈に感じるのではないか?と思うかもしれませんが、リビングに吹き抜けをつくったり、2階の床組を見せるような工夫をする事によって、想像しているよりも全然違和感なく生活できます。

さらに空間をコンパクトにする事は空調効率を高めます。

天井を低く抑えたLDK(引用元:愛知県豊田市梅村工務店さんのモデルハウス

まだ七尾周辺ではこのような家づくりをされる方はいらっしゃいませんが、豊かな生活を実現する一助になる事は間違いないと思いますので、わざと天井(階高)を低く抑える事も選択肢の一つとして考えてご検討されてみてはいかがでしょうか。

CATEGORY
軸組み構造2
TAG
家づくり77
マイホーム86
マイホーム計画80
81
住宅60
戸建て30
一戸建て33
TOP