施工事例

家の中心にある吹き抜けが家族の笑顔を作る家

担当営業より

白石浩一

S様は、3人の元気なお子さんがいる5人家族で、アパートにお住まいでした。

子供は元気が一番、家の中を走り回ったりすることもあるでしょう。でもアパートだと下の部屋の人に迷惑が…。

そんな悩みを解消し、子供に伸び伸び育ってもらえるような工夫も取り入れて、子育てしやすい動線のお家が完成しました。

POINT1

シューズクローク
併設された表玄関

シューズクロークを併設し、玄関内の収納をなくすことで、表玄関を広々と活用でき、お客様をゆったりした雰囲気でお迎えする事が出来ます。

壁には目を引く多彩なタイルを

POINT2

プラスワンリビングの和室

リビングの横に位置する和室。最近定番の間取りです。

人気の理由…それは、お客様が来られて「リビングだけだとちょっと手狭だな」とか、ママが家事の合間に「疲れたしちょっとだけ横になりたいな~」という時に大活躍するから!

赤ちゃんがいる場合は赤ちゃんとママが一緒に就寝するスペースとしても最適です。

POINT3

大きな吹き抜け
リビングの真ん中に

吹き抜けは、忙しいママの味方。朝の忙しい時間に階段を昇り降りすることなく吹き抜けから「朝よ~」と声をかけられたり、2階の子供部屋にいる子供の気配を感じながら安心して夕飯の支度が出来ます。

 

さらに、吹き抜けからは明るい日差しが入ってきます。

これは天窓がついているからです。

天窓から日射を確保することで、リビングも、暗い廊下も、明るい陽に溢れた空間になります。

POINT4

オープンキッチンもママの味方

キッチンが孤立しているようなカタチだと、ママも寂しさを感じがちに…。
そんな時にはオープンキッチンはいかがでしょうか。
オープンキッチンの採用もここ最近は急増中です。

POINT5

沢山の収納棚がある勝手口

リビングには置けないような掃除機、新聞紙等をお客様の目に触れることなく置けたり、収納できる勝手口。
収納という面だけでなく、食品庫としても利用出来るようなキッチンとの位置関係のところにあるので、とても便利です。

POINT6

インテリアとしても最適!
トイレにエコカラット

水廻りはどうしてもジメジメする感じがしますよね。
そこで、トイレの壁にエコカラットを取り付けました。
調湿や脱臭といった機能面だけでなく、インテリアとしても見た目に優れています。

POINT7

将来間仕切りできる子供部屋

子供部屋として作られたこの部屋にはドアが2つ…わざと仕切らなかったその理由は、将来子供が大きくなってそれぞれの部屋が必要になるまでは、家族全員の寝室になったり、子供達の共有スペースとして使用出来るようにするためです。

小学校入学前のお子様が2人以上いるご家庭にはオススメの空間です。

POINT8

木のアクセントが引き立つ外観

S様邸は黒い外壁をベースにシンプルな屋根が特徴のお家です。

ベランダ部分に採用した木がアクセントとして存在をアピールしているので、すごくお洒落に見えます。

お客様の声

準備中

TOP