家づくりコラム

  • 基礎

七尾周辺では基本的に地盤改良工事が必要かもしれません

明星光紀
更新日

目に見えないところだからこそ信頼できる会社にお願いしています

建築予定地に家を支えてあげれる強度があるのかどうか?家づくりをする際まずはその調査からスタートします

調査の方法はいくつかあって弊社もこれまでいくつかの方法を採用してきましたが今はこの方法がベターであると信じているのでSDS試験で行っています

SDS試験とは従来の試験方法スウェーデン式サウンディングと違い土質を加味して強度解析を行う事によってより正確な強度を調査する試験方法です

この調査は調査専門会社・地盤改良工事会社が行っており弊社は地盤改良会社が行っています)、これとは別に解析会社が試験結果を解析して強度判定をしています

基本的にはこの3社がそれぞれの役割を担って家を支える工事をしているのです1つの会社が一手に担っている訳ではないので試験結果の透明度は高くお客様にとって不利な結果地盤改良工事が不要なのに必要と判定する事になるような事もないと私達は考えています(これまで多くの場所で地盤改良工事不要との判定が出ているのが判断理由です。)

しかしながら七尾周辺は海岸平野・三角州・谷底平野・氾濫平野に該当する地域が含まれる地盤的は不安定な地域には変わりありまえん

土地の名称とその性質について引用元:東京@14区より引用

調査の結果地盤改良が必要と判定された場合は地盤改良工事業者から解析会社へ補強工事内容についての申請を行います解析会社は地質調査の試験データと補強方法を検討し内容に問題なければ保証瑕疵保険受付承認をして工事が始まるという訳です

ここで一つ注意して欲しいのは周辺の土地で地盤改良工事が発生していなくてももしかしたら昔の地形の関係で建設予定地には地盤改良工事が必要と判定される可能性があるという事ですなぜなら敷地全般的に強度が良好であってもある一点だけ地盤が軟弱であると判断された場合は補強工事が必要と判定されるからです

工事契約後に地盤改良工事の追加費用が発生して悩まないように七尾市周辺で家づくりの計画をする際には地盤改良工事は必要なものとして予算組みをして下さればと思います