家づくりコラム

  • 家づくり全般

埋め込み?壁付け?郵便ポストはどちらを選ぶべきか

明星光紀
更新日

郵便ポストの場所は間取りの段階から検討しましょう

間取りを検討する際は【どんな生活を送りたいのか】を具体的にイメージする事が大事です。一から新しい生活をイメージするのではなく、現在の住まいやそこでの生活をベースに新居に対する様々な要望をピックアップして検討いくのが良いと思います。

生活シーンをイメージしている中で新聞や郵便物をどのように受け取るのか?という事も夫婦の議題にのぼることもあるかと思います。そこで今日は郵便ポスト(以下:ポスト)についてご紹介します。

ポストは埋め込みタイプと壁付けタイプが主流です

埋め込み、壁付け共に玄関周りに設置するケースが多く、外構工事に絡めてポストを設置する場合などは門袖等にも設置できますが、毎日使う物ですしやはり建物から遠いと不便に感じてしまうと思います。その中で弊社のお客様の多くは埋め込みタイプを選択されます。私達が埋め込みありきでポストを提案する事が採用率の高さの理由になっていますが、改めて埋め込みタイプのメリット・デメリットをみていきましょう。

埋め込みタイプを採用した事例(引用元:子育ても日々の暮らしも楽しめる家

埋め込みタイプのメリット・デメリット

【メリット】

【デメリット】

壁付けタイプのメリット・デメリット

【メリット】

【デメリット】

壁付けタイプを採用した事例(引用元:縦の空間を上手に利用した家

今までは埋め込みありきでしたが、埋め込みにこだわる必要はないのかもしれません

「最初に生活をイメージして」と申し上げましたが、今の生活を思い返してみると埋め込みにこだわる必要はないのかもしれません。というのもこれらの事が思い浮かんだからです。

最後に

いままで自分達でも郵便ポストは埋め込みタイプが当たり前と思っていた方も少なからずいらっしゃったはずです。今日のコラムを読んで今一度どちらが良いのかを見つめ直して下されば幸いです。一生に一回の家づくり。しっかり吟味して納得のいくものにしてくださいね。