家づくりコラム

  • 内装

自分でカーテンを購入したいと思っている方へ

明星光紀
更新日

そろそろカーテンの準備をしようと思っている方へ

新築やリフォームをする際カーテンレールは見積もりに入っているけどカーテンやロールスクリーンが入っている事は少ないと思います

エアコン等の家電製品でもそうなのですが市販品と私達住宅メーカーがご提供するものでは値段が違いますご想像に難くないと思いますが私達のものより市販品の方がコストは抑えられる事が多いのですもちろん価格の違いには理由があります細かいところでのこだわりや品質が違うのが大きな理由です

しかし一般的に使用する分には然程影響が生じないのも正気なところです

したがって私達も無理に私達が提供しているものをご提案するのではなくエアコン・カーテン共にお客様がご自身で納得のいくものをご購入されれば良いと思っています

お引き渡しが近くなってくるとお客様からよく質問される事があります

ご自身でカーテンを購入する際にどんな寸法のカーテンを用意すれば良いのか?

という事です

そこで今日はカーテンの寸法の選び方についてご紹介します

カーテンの選び方の前に窓についてのおさらいです窓にはいくつかの種類がありますがカーテンを選ぶ上では2種類に分かれます

上段のものはカーテンが採用されやすく下段のものはガラス面積が小さい事からロールスクリーン等が選ばれる傾向ありますさてカーテンの選び方に移ります住宅メーカーから渡された図面を見てみると窓のところにこれらの事が記載されています

窓の種類については前述したよな記述○○窓がされているので分かりやすいですが大きさは分かりづらいと思います大きさを把握するにはどんな窓が書いてある周辺に記載されている数字を探さないといけません

例えば引き違い窓で 11911 という記載があるとしますこれは119が幅で11が高さを示します参考までによくある窓の大きさを示すと以下のようになっています

室内の窓枠の外〜外の寸法

このように左側の数字に10を掛けて40を足した寸法が窓の幅になります

高さ室内の窓枠の外〜外の寸法

幅のとき同様に10をかけて70を足した寸法が窓の高さになります

窓の大きさがわかったところでカーテンの大きさの選び方に移ります

通常カーテンレールは窓の幅より10〜20cm左右5〜10cmづつ長く設置します窓枠のすぐ上に取り付ける場合が多いのでカーテンを選ぶ際はこれらを目安に選ぶと良いです

高さについてはカーテンのフックで調整もできますので厳密に数ミリまでこだわる必要はありませんこれらを理解した上でカーテンを探してみると市販品に適合する窓は少ない事がわかると思いますその場合は多少大きくても市販品を使ったりどうしても合わない場合はオーダーメイドする事をおすすめしますオーダー品でも私達が提供しているものよりコストを抑えれるからです

もし心配であれば住宅メーカーの担当者さんに相談すれば各箇所の寸法について教えてくれるはずですがカーテンの買い替え等の時にも今日の情報は役立つと思いますので良かったら憶えておいてくださいね