お風呂の窓を選定する際に参考にして欲しい事

換気と防犯を考慮するとこの2つの方法がオススメです

毎日利用するお風呂。入浴は体の汚れを綺麗に洗い落すだけでなく、浴槽でゆっくりと疲れを癒したり、美容効果を得るために利用できるとても大切な時間です。参考までに浴槽に入る事によって温浴効果は以下の3点。

  • 体を温めて疲れるとる
  • 水圧によって血行が良くなる
  • 浮力によって気分をリラックス出来る

(引用元:バスクリン 入浴の効果

今日はゆったりと過ごす為にどんな窓が人気あるのか?という事についてご紹介します。

お風呂の窓を考える上で検討する項目は以下の2つです。

  • 防犯上の問題(泥棒の侵入、覗き)
  • 換気の問題

防犯上の問題を考えると出来るだけ小さな窓が良いのですが、窓を小さくすればするほど窓を開けての換気は図れなくなります。換気の問題を優先すると防犯上心配な点も増えるし、何とも悩ましい問題です。

その問題を解決するには2つの方法があります。一つは大きな窓を設置して、面格子(換気も目隠しもしっかり出来るタイプ)を設置する方法で、ルーバーの角度を調整する事によって、防犯に役立てたり換気を図れます。

LIXILの可動ルーバータイプの面格子

もう一つの方法は窓を高い位置に設置するという方法です。最近のシティハウスの家づくりではこの方法をご採用頂く方が多いです。この方法は面格子を設置する費用も省けるし、防犯上も有効だし、換気(面格子に比べると換気面が劣るのは否めませんが)も図れます。

高いところに設置した窓(引用元:シティハウス産業HP施工事例

良かったらアナタの家づくりの参考にして下さいね。

CATEGORY
アルミサッシ16
TAG
家づくり122
マイホーム131
マイホーム計画117
127
住宅104
面格子2
戸建て65
一戸建て78
浴室2
TOP