予算は借りられる金額ではなく返せる金額です

マイホームの予算は借りられる金額ではなく返せる金額です

先日、お打ち合わせの最後にお客様と住宅ローンの話をしていました。

  • 金利の動向
  • 最近人気のある借り方(短期固定金利)
  • 融資条件

等々です。ボクの私見(経験上)では、最近の銀行さんはある意味無茶な融資をすると思っています。何が無茶なのかというと、普通に考えて「毎月こんなに払えんやろ?」と思うようなお金を貸すって事です。

例えば、年収が350万円(手取り300万円)の方がいるとします。年収を÷12(ボーナス考慮しない)で計算すると、一月の収入は手取りで25万円です。そのような方に対して、銀行さんは3,000万円(35年返済。2年固定金利0.6%。毎月の返済額約79,000円。)を貸したりするんです。※実際の案件事例ではなく、融資可能額のシュミレーションです。

25万円の収入の内、約8万円が住宅ローンの返済に当てられるというのは普通に考えてありえません。入居後の生活が苦しくなるのは明白だからです。(※入居後に奥さまが働き出すとか、2世帯住宅で父親の収入もしっかりしている場合等は除きます。あくまで単世帯の収入で考えた場合です。)

住宅メーカーの人間として、そのようなローンの組み方はお客様には提案出来ませんし、例えお客様から「大丈夫。ちゃんと払えるから。」と言われても、なかなか首を縦には振りづらいです。

 

確かに今のご時勢(低金利、大金を借りやすいローン商品)、目先の事だけ考えれば勢いだけでマイホームを取得する事は可能です。でも、マイホーム取得は幸せになる為の過程であって、ゴールではないです。

アナタが返済出来なくなっても困るのは銀行さんではありません。アナタ自身です。

返済不能=自己破産になると、アナタの家族もバラバラになってしまうかもしれません。それくらい住宅ローンって責任の重いローンなんです。そんな困った状態にならないためにも、しっかり住宅メーカーの担当者や銀行の担当者に資金についての相談をして、万が一にも返済不能に陥るような計画は立てないでくださいね。

少々、キツイ事を書きましたが、しっかり計画さえ立てれば新居での生活は豊かで幸せなものになりますのでご安心ください。

CATEGORY
住宅ローン1
TAG
マイホーム計画7
マイホームの予算1
TOP