外壁の緑コケは製品や施工不具合ではありません

緑コケは、外壁材料によって付きやすさが変わる

外壁に、緑のコケがついてしまう事があります。

これは、施工が悪かったのでもなく、材料に不具合があったわけでもありません。

とはいえ、コケの生えやすい材料と生えにくい材料は確かにあり、当社では次のように考えています。

生えやすい主な外壁材料

  • 窯業系サイディング
  • モルタル

生えにくい主な外壁材料

  • 金属系サイディング
  • GL(ガルバリウム)鋼板

緑のコケができるだけ生えないようにしたい場合は、生えにくい外壁材を検討をお勧めしています。

緑コケがつく、主な原因は自然環境

外壁につくコケは、湿気が多くジメジメしたところにカビが生えるのと同じで、自然環境によってついたりつかなかったりします。

日光や風が当たらないところはどうしてもコケが生えやすいです。

施工者側としても出来る限りの配慮をしていますが、完全には防ぐことができません。

緑のコケをできにくくするために

  • 比較的コケが目立たない黒系の外壁を選ぶ
  • コケがつきにくい金属系の外壁を選ぶ
  • コケがつきにくいようなコーティングを施す

等で対策を考えましょう。

CATEGORY
サイディング1
TAG
緑コケ1
TOP