家づくりコラム

  • 住宅設備
  • 照明・電気配線

ダウンライトの上手な使い方

明星光紀
更新日

照明器具はインテリアの一部そう考えて照明計画をするべきだと思いますしそのようにお客様へもご提案しようと考えています昔は1室1灯が当たり前ですが現在はダウンライトをメインに使ってペンダントライトブラケットライト間接照明等を組み合わせていくスタイルが主流になっています

そこで今日はダウンライト以下:DLを採用する際の考え方についてご紹介します

配置計画は平面図で行いますが室内の情報しっかり考慮しましょう

基本的に配置計画は平面図にて行いますがここで注意したいのは以下の事です

以下これらの事について一つづつご説明していきます

エアコン等を照らしていないか?

平面図だけをみていると忘れがちになってしまうのがエアコンの存在部屋全体を明るく照らす為にDLを天井に分散させて配置したとしますこの際壁に近づけて配置してしまうとせっかくのDLがエアコンを照らしてしまい床まで光が届かないという事になりかねません

壁にどんな物が設置されるのか

そんな情報もしっかり考慮しましょう

明るさは足りているか?

基本的に照明は1帖あたり300~500lmルーメンが理想とされています

現在主流の60W相当のLEDダウンライト赤丸のところにlm数値が表示されています

例えば15帖のLDKの場合は15×400lm=6,000lmあれば程よく明るさを確保出来る事になりますところが上にあげた器具で計算すると14機も必要という計算になってしまいますそこで60W相当ではなく100W相当640lmで器具を選んで台数を減らした方10台が天井がスッキリと収まるのでそんな工夫も必要となります

さらにDLの配置ですが上の小項目エアコンの件でバランスよく配置を・・・と書いたのですが実はバランスよく部屋に配置する分散配置というよりは数台をまとめてたり部屋の中心ラインに合わせて配置すると天井も綺麗に仕上がります

配灯計画事例引用元:オーデリック 照明器具カタログ

また近年登場した温白色も人気ですリビングは電球色でキッチンは昼白色という選び方も多いなかでその2つの極端な色温度差を解消してくれるのが温白色です非調光タイプのDLを採用する場合はこちらも採用検討をしてみてはいかがでしょうか?

リビングでの採用が多くなってきている温白色引用元:大光電機 照明器具カタログ

キッチンに採用する場合の注意事項

キッチンでダウンライトを採用する方は増えていますが手元灯として採用する場合はキッチンのフードセンターに合わせて配灯する事をオススメします手元灯を設置せずにこのような場所にのみ配灯してしまうと自分の影で手元が暗くなってしまう事もあるので注意しましょう

配灯計画事例引用元:参考間取りは間取りギャラリーより引用

最後に

この他沢山の工夫をする事によって豊かな配光を実現できます照明器具は選んでいて面白いので住宅メーカーから提案されたものを参考しながら楽しんで器具選定を行って下さいね