家づくりコラム

  • 間取り

6帖の寝室の使い方

明星光紀

寝室の必要最低限の大きさを考えてみました

先日のコラムでは子供室の大きさについてご紹介しました語弊がある言い方かもしれませんがその時のコラムでも書いたように最近では小さな家が着目されています

小さな家のメリットは以下の通りです

せっかく自分の城マイホームをつくるのだから大きな家でゆったり住みたいという気持ちも分かりますしかしそこで思考停止してしまうのではなくこんな考え方もあるという事で参考にして頂ければと思いますので良かったら続きをお読みくださいませ

6帖の寝室でどのような生活をおくれるのか

そもそも論ですが家づくりにおける寝室の重要度はどのくらい高いですか?おそらくLDK程重視している方はほとんどいないと思いますなぜなら一日の中でも過ごす時間が短いからです(睡眠時間を考慮すると滞在時間は長いですが基本的にその部屋で活動する時間は短いという意味です。)そういう意味では寝室よりはウォークインクローゼットといった収納の方が重要度は高いかもしれませんね

それでは子供室の時と同じように部屋の大きさと窓位置等をシュミレーションしてみます

子供室の時と一緒で室内建具は廊下側に開くと都合が悪いので室内側に開くようにしています部屋の2方向に窓を設けると風通しが良くなるので2つの外壁面に窓を設置してみましたそして家具を置くとこのようなお部屋になります

ベッドはシングルW:970mm L:2100mmを2つ配置し枕元にはスマホを置いたり充電できるカウンターを作りました頭のところに窓はありますが低い位置だと冬場頭が寒いのでこの窓は天井付近に設置しますそしてエアコンとカーテンテレビを配置してもある程度空間に余裕が持てるのを確認して頂けるはずです

先にも書いたように用途としては寝る部屋なのでこれでも充分かもしれませんよね

これじゃなくてはいけないという考えからこんな考えもありなのかな?と思っていただければ幸いです良かったらアナタの家づくりの参考にして下さいね