クローゼット内のカビにはお気をつけください

これからの季節は暖房によって湿度が高まります

クローゼットの有効活用方法として、上下に2本ハンガーパイプを設けて下記のように使い分ける方もいらっしゃいます。

  • コート等の丈の長いものは高いパイプに
  • ジャケット等の丈の短いものは低いパイプに

もちろん、子供室のクローゼットは小さめに作る場合が多いので、高い位置にパイプを設置して真ん中より下の空間はホームセンターで購入してきた衣装ケース(下着等と収納)を置かれるパターンが多いように感じます。

ウォークインクローゼット

入居後に何をしまうのかをしっかえい考えれて作られたウォークインクローゼット(引用元:シティハウス産業HP施工事例

これからの季節は空気が乾燥しますが、室内ではこれらの理由により湿気が多くなります。

  • 湿気を多く排出する暖房機等の使用機会も増える
  • 外気と内気の温度差

湿気がクローゼット内にこもってしまい、久しぶりに手に取ってみたお洋服にカビが生えているという可能性も無きにしも非ずです。そこで今日はカビの原因となる湿気(結露)についてご説明します。

そもそもなぜカビは生えるのでしょうか?

多くの人がご存知だと思いますが、湿気が原因でカビは発生します。霧の状態では発生しませんが、暖かい湿気を含んだ空気が冷たい室内の壁や床に触れると水滴(いわゆる結露です。となり、それを気付かずに放置しているとカビの原因になるのです。

結露は窓だけではなく、室内壁等でも発生します

では、どうすればカビの発生を防げるのでしょうか?

  • 空気を入れ替える(換気をする)
  • 防虫剤・乾燥剤を使用して定期的に交換する・・・防虫剤に含まれている樟脳(しょうのう)の独特の臭いが理由で好き嫌いがハッキリ分かれると思いますが、防カビに効果的です。
  • 除湿効果のある桐(キリ)の壁板を張る・・・高級桐タンスで利用されるイメージのある桐は調湿機能がある為、押入等の壁に張ると効果的です。
  • 温度差が激しくなるところに収納を作らない・・・外気に接する室内壁は冷たい外気と暖かい室内気が交流する場所で結露やカビが発生しやすい箇所です。したがって、極力家の真ん中(窓がつかないようなところ)に収納を設けるという選択肢も有効です。
  • 水蒸気を大量に部屋へ放出する石油ファンヒーターとかを使用せずに床暖房やエアコンを使用する

全ての対策をとるのは難しいと思いますが、良かったら参考にしてください。これから始まる長い冬。換気すると暖気が外に逃げてしまうので勿体無いと思いますが、掃除等を掛ける際に思い切って窓を開けて窓を開ける等をして、換気を図ってみては如何でしょうか。

CATEGORY
結露対策1
TAG
住まいの不満44
家づくり135
マイホーム計画131
142
住宅119
間取り25
戸建て78
一戸建て93
TOP