照明は機能的な面だけでなくインテリアとしても活用しましょう

照明はインテリアとしても大活躍してくれます

照明を選ぶ際に一番気になるのは明るさだと思います。

  • 何帖の部屋にどれくらいの明るさがある器具を選定するか
  • 勉強や家事(調理や裁縫等)をする為にどんな器具をどこに設けるか

やはり部屋が暗いというのは何かと都合が悪いですものね。最近はLEDの価格が下がってきた事もあり、ほぼ全てのお部屋でLEDを採用いただく事が出来ます。部屋に対して、どの機器を選べば良いのか?というのはカタログに表示されいるので、判断がつきますが、そのように表示されてるのはシーリングライトのケースがほとんどです。

照明にはいくつか種類があります。

  • シーリングライト
  • ブラケットライト
  • ペンダンドライト
  • ダウンライト
  • スポットライト

シーリングライト

天井に設置するタイプで高い位置から部屋を広範囲に照らす事が出来ます。

 

ブラケットライト

壁に設置するタイプで、リビングはもちろん吹き抜けや廊下・玄関・階段などに用いられます。補助照明として使われる場合や間接照明としておしゃれな雰囲気を演出したい場合に設置されています。

ペンダントライト

天井から吊り下げるタイプ。お掃除面で難点はありますが、おしゃれなデザインが多く、ダイニングやキッチンの手元灯としてもよく採用されます。

ダウンライト

天井に埋め込むタイプで、玄関ホール、廊下、リビング、和室等様々なシーンにマッチします。

スポットライト

ライティングレールを壁や梁に設置して、そのレールに必要な個数を取り付けrタイプ。お店のような空間を演出できます。

上の写真は全てオーデリックのカタログより引用

このように沢山の種類がある照明器具。上の写真をみてもらっても分かるように選ぶ機器によってお部屋の雰囲気はだいぶ変わります。

  • スタイリッシュな空間
  • カジュアルな空間

部屋の明るさを考えるとシーリングライトを選択するのが無難なのですが、お好みの空間に応じて照明器具を選ぶのもまた楽しいものです。是非インテリアとして照明器具を選んでみてくださいね。

CATEGORY
LED4
TAG
家づくり135
マイホーム144
マイホーム計画131
142
住宅119
戸建て78
一戸建て93
照明器具4
TOP