生ゴミを捨てる動線やゴミ箱の設置場所も考慮しましょう

ゴミ箱への動線もしっかり考えましょう

生活をする上で【食べる】という事はとても大事な事です。お料理をすると必ず出るのが生ゴミ。この時期、生ゴミを放置して置くとコバエが発生したりするので、衛生面的に気持ちのよいものではありません。

  • そこで今日は生ゴミをどうやって処分するか?
  • どこにゴミ箱を設置するか?
  • ゴミ箱への動線はどうするのか?

という事についてご紹介します。

育ってきた環境(それぞれの家庭)によってゴミ箱を置くところは違うと思います。

  • キッチン近くの室内に置く
  • キッチン近くに設けた勝手口から出たところに置く

大体この2パターンですが、私達は出来れば後者の方をご提案したいと考えています。

以前はキッチンの近くに1段下がった勝手口を設けて、そこからゴミを出すという生活スタイルがゴミ箱を外に置く場合に良く選ばれる方法だったのですが、最近では勝手口を儲ける方が減って来ています。

  • スペースが勿体無い
  • 勝手口は土間床(コンクリートの床)なので断熱的に不利
  • 勝手口ドアもそれなりのお値段がする(コストアップ)

等々が理由としてあげられます。

ゴミ箱をどこに置きますか?

それでは皆さんどうしているのか?というと、キッチンの近くに設置した洗面所やサンルーム、ユーティリティーから外に出てゴミ箱へ生ゴミを捨てるという動線を確保しています。特にサンルームは大きな窓を設置する事が多いので、外へ出るにはとても便利です。

ゴミを捨てる動線を考慮すると、間取りも若干変わるかもしれませんし、これから家づくりをされる方は是非【ゴミを捨てる動線】についてもしっかりご検討してみてくださいね。

CATEGORY
家づくり31
TAG
住まいの不満35
家づくり106
マイホーム116
マイホーム計画103
111
住宅88
間取り16
入居後のお役立ち情報19
戸建て52
一戸建て62
TOP