洗濯機パンは不要かもしれません

お客様から教えて頂いたアイデアに感服しました

どのお仕事でも共通して言える事ですが、自分が関係している業界の常識は業界外の人からみれば非常識でもあります。

私達の業界で例えると

  • 玄関開けたらホールを経てLDKへ入る動線にする
  • トイレは廊下等を経てつくる
  • キッチンから洗面所やサンルームへ行きやすくする

等々、こうすべきという私達独自のルール(常識)は沢山あります。

しかし、別の見方をすれば、玄関入ったらすぐにLDKがあってもよいし、トイレはリビング内にあってもよいし、キッチンから離れたところに洗面所やサンルームを作っていい訳です。価値観は人それぞれですからね。

そんな中の一つに洗濯機置き場があります。これまで洗濯機を置く場所には洗濯パンというものを設置するのが常識と考えていました。

洗面脱衣室

洗面脱衣室に設置された洗濯パン(引用元:シティハウス産業HP施工事例

洗濯パンは万が一水漏れ等が起きた場合に被害最小限に抑えるためのものですが、生活しているうちに髪の毛や埃が溜まってしまうけど、掃除がしにくいという難点もありました。しかし、設置するのが当たり前だと思っていたので、当然のように設置をしていました。

ところが、先日お引渡しさせていただいたお客様とお打ち合わせをしている際、当初から「洗濯パンは不要です」とおっしゃるので、大丈夫なのだろうか?と心配しておりましたが、その理由がやっと分かりました。

洗濯機を移動できるキャスター

これを見て「なるほど」と思いました。一度洗濯機と排水口を結束バンドで繋いでしまえば配管が外れる可能性は低いし、髪の毛が落ちたり埃が溜まっても用意にお掃除が出来るからです。お客様にお聞きしたら「ご自身で調べたところ、このような生活をしている方が多かった」との事でした。

私達の業界の常識は非常識。これからの生活には洗濯パンは不要かもしれません。

CATEGORY
浴室・バスルーム5
TAG
住まいの不満41
家づくり122
マイホーム131
マイホーム計画117
127
住宅104
入居後のお役立ち情報21
戸建て65
一戸建て78
TOP