平屋と2階建。コストはどれくらい違うのでしょうか?

平屋は生活しやすそうなのになぜ2階建が多いのか?

住宅の取得形式は

  • 戸建て
  • マンション

の二者択一です。都市圏は敷地的な余裕や土地単価が高い関係で戸建てを取得するのは現実問題として全ての人が叶えられる訳ではありませんが、この辺では敷地的・土地単価共に問題なくクリア出来ます。

敷地に余裕もある事から戸建て住宅の場合は3階建ではなく、平屋や2階建住宅が多いのはご承知だと思いますが、弊社でご建築頂くお客様も多くの方が2階建住宅を選択されます。

平屋はとても生活しやすいイメージがあり、人気があります。なにより段差(階段)がない暮らしというの入居してから年齢を重ねていく上で大きなメリットとなります。でも、なぜ敷地に余裕があるのに平屋ではなく2階建なのでしょうか?

答えはご予算にあります。同じ面積の住宅で比較すると一目瞭然なのですが、平屋の40坪と総2階※の40坪では金額が大分変ります。(※総2階=1階と2階が同じ面積の建物。この場合、1階・2階共に20坪の計40坪となります。)

参考までに平屋と2階建で金額が変わってくるものは下記工事です。

  • 地盤改良工事
  • 基礎工事
  • 屋根工事

単純に面積が2倍になるので、金額も倍になる計算となり、大きな差額が発生します。(これ以外の製材費や住宅設備代、内外装費用は然程大きく変わらりません。)地盤改良工事は敷地の強度によって費用が変わるので一概には言えませんが、上記の例の場合、基礎と屋根(瓦の場合)で費用は200万円(税込み)くらいの差額です。

家づくりをする際の価値観は人それぞれです。平屋建を重視して、その分キッチンやお風呂の仕様を妥協する。等で全体予算を調整したりする事も可能です。

何を重視して何を我慢するのか

一生に一回の買い物だからこそ、しっかり考えて自分達の生活が豊かになる選択しましょうね。

 

 

CATEGORY
家づくり46
TAG
家づくり147
マイホーム155
マイホーム計画143
154
マイホームの予算42
TOP