• 0
  • 0
  • 0
  • 0

悪者だと思っていても見方によっては味方になります

今日は朝7時に家を出発して新潟県上越市に向かっている 明星光紀(あけぼしみつのり)です。なぜ新潟県なのかというと、新潟県新潟市にある印刷会社 ウィザップさん と新ホームページのお打ち合わせをする為です。

ウィザップさんはこのブログを作ってくれたり、こんなリポートを書いてくれてたりして、ここ2年くらいで急激に仲良くなった会社さんです。

昨年のお客様感謝祭の様子です♪今年は何月にやろうかしら?

今日お会いするのはこの2人

えーと、知る人ぞ知るWEBマスターとその助手です(笑)何気にもう1年近く会っていないんだな。。。

今日のブログは太陽の光について。良かったら参考にして下さいね~。

嫌われ者でも使い方次第では人気者になります

お日様が当たる方位って基本的に東・南・西の3面です。あ、だからといって北は真っ暗という訳ではないですよ。それなりに日射はありますけど、直射日光が少ないっていうだけです。

間取りを考える際、南や東にLDKとか和室を、それほど日射を見込めない北にはお風呂やトイレ等の水周りを配置します。で、ここで気になるのは西は?って事です。

西日(にしび)は結構日差しが強いので、台所を西向きにすると食べ物が腐る・・・とか、西日が入る部屋は夏の午後は暑くていられない・・・などと言われている方位です。

こんなに綺麗なのに家を考える上では嫌われ者なんです(汗)

でもね、西日って裏を返すと冬にはとっても重宝する方位です。だって、日差しが強い分、冬は暖かい光が部屋に差し込みますもんね♪

そんな西日の性質を利用した設計も近年重視されていますが、その話はまた後日にして、西日がする悪さについて考えたいと思います。

  • サイディング(外壁)を反らせてしまう
  • 柱を反らせてしまう → 壁紙(クロス)のヒビ割れの原因
  • モルタル(外壁)の収縮を引き起こしてしまう → ヒビ割れの原因

等々、仕上材料に悪影響を及ぼします。うーん。困ったものだ(汗)

でも、上にも書いたように西日は日差しが強いので、見方を変えれば洗濯物を干したりする サンルーム や ジメジメしたイメージのあるお風呂の窓を設置するのに最適な方位であるとボクは思います。実際、ボクは西にサンルームを配置して大きな窓をつける事を好んで提案して、採用してもらっています♪

それでも夏はどうしても暑い(汗)そんな時に対策は窓の上に庇をつけるか、落葉樹(夏は葉っぱが生い茂って、冬は葉っぱが落ちる木)を植えるなどして、夏の西日をシャットアウトするという方法もありますので、西日を嫌わずに仲良く暮らしていくましょうね♪

さ、家に帰るまでが出張です。今日も安全運転で行ってきまーす^^

では!

 

 

人気ブログランキングに参加しているので・・・ポチっとご協力お願いします♪

タグ:

七尾で、家づくり・新築・リフォームに関するお問い合わせは

シティハウス産業株式会社

シティハウス産業株式会社にお気軽にどうぞ♪

石川県七尾市馬出町ハ部51番地3

TEL.0767-53-2133

電話は30秒後以降は転送になりますので電話を切らずにお待ち下さい。

応援よろしくお願いしま~す♪

ページの先頭へ