施工事例

木の柔らかい風合いを上手に活かした家

担当営業より

明星光紀

旦那さん主導で家づくりに取り組まれたS様。

最初から黒いガルバリウム鋼板の外観をご希望されていて、初志貫徹でシャープなイメージのお家をご建築されました。

外観とは一転、内観は柔らかい木の風合いを上手に採用した空間に仕上げられました。

そんなS様の家づくりを是非ご覧くださいませ。

POINT1

朝陽が差し込む明るい玄関と収納量をしっかり確保したシューズクローク

シューズクロークが玄関に併設されている場合は玄関は必要最低限の大きさでOK(狭すぎてもダメです)

玄関を常にスッキリさせつつ無駄なく収納量をしっかり確保した使いやすい玄関になりました。

玄関 シューズクローク

適度な大きさで使いやすい玄関とシューズクローク

POINT2

木の風合いを上手に取り入れた明るいLDK

LDKと和室を合わせると21.2畳の大空間。ペール色の明るい床を採用され、南面には大きまテラス戸、テレビを配置している東面には明るさと換気を図れるようにアクセント窓を設置しました。和室も隣接しているで、仕切り戸を開ける事によってリビングをより一層広く使う事が出来ます。

リビング

和室が隣接している明るいリビング

キッチンにも木目を採用。床よりも一段色を落とすことにって、空間に変化を持たせました。キッチン部分の木目の天井も素敵です。

キッチン

木目を上手に活かしたキッチン

LDKをL字型にする事によって、ダイニングとリビングは一つの空間ながらも分離したスペースにしました。食事の時間にテレビを見れないようにする事によって、食事中の家族の会話が弾みそうです。

ダイニング

移動可能なペンダントライトが可愛いダイニング

POINT3

4.5帖ながらも使い勝手の良い和室

  • 玄関ホールからLDKを介せずに直接出入りできる位置に配置
  • 将来を見据えて仏間を設ける
  • 階段下の未利用空間を最大限に利用した収納
  • リビングに隣接させて、リビングのプラスαの空間を確保

4.5帖と決して大きいとは言えない和室ですが、とても使い勝手の良い空間となりました。

落ち着いた和室

POINT4

防犯性・換気性を重視して採用したお風呂の高窓、清潔感のある幅広トイレ

お風呂の高窓は防犯に役立つし、換気もしっかり図れます。トイレも通常の幅よりも15cm広くする事よって、ゆったりとした空間になりました。たかが15cm、されど15cmですね。

ユニットバス トイレ

 

洗面化粧台も木目を採用。白い空間にワンポイントとして映えています。化粧台の横にはタオル類を仕舞う収納を設け、洗面化粧台周辺が物で溢れないようにしました。

洗面脱衣室

POINT5

一人の時間を楽しめるパパのプライベート空間

家族との時間は大事ですが、時には一人でゆっくりと過ごしたいというパパの気持ちに応えて2階の一角に書斎を確保。

たまには一人の時間も必要ですよね。

書斎

一人の時間をゆっくりと過ごせる書斎

POINT6

事前に家具の配置を決めてある寝室

寝室、子供室は家具の配置をしっかり考える事が大事です。S様にもしっかりとご検討頂いた結果、寝室のベッドの枕元にはカウンターとコンセントを設けました。ナイトランプを置いて読書をしてもよいし、目覚まし時計のスマートフォンを充電しながら置いたり出来ます。

POINT7

見出し

外観をシャープなイメージに仕上げれるように屋根と外壁にはガルバリウム鋼板を採用。軒の出も極力少なくしました。

木目調の玄関ドアはシャープなイメージとの相性が良いです。

軒の出は少ないと日射対策が疎かになるので、南面の全窓に庇(ひさし)を設けるという工夫もしました。

ガルバリウム鋼板で外装材を統一

お客様の声

自分達の希望を話せて思い通りの家が出来ました。

この度は私達の夢のマイホームの完成に感動と感謝の気持ちでいっぱいです。

完成までに何度も打ち合わせをしていただき、丁寧な説明やアドバイスのおかげで思い通りの家になりました。

担当してくださった社長様をはじめ、皆様がどんな時も素敵な笑顔で応対してくれて、自分達の希望等何でも話しやすい雰囲気だったのがとてもよかったです。

完成後も「また何でも言って下さい。」と言っていただき、業者さんが近くにいるというのは心強いなぁと感じました。

今後ともよろしくお願いします。

本当にありがとうございました。

 

明星光紀

S様はボクの家族のお友達という事で、ボクを指名して頂いてマイホームのお手伝いをさせて頂きました。
いつもの事なのですが、建築途中は「お客様は本当に喜んでくれているだろうか?」と心配で仕方ありません。
そんな中、内装工事も終わり、S様と現地でお打ち合わせをした際に見れたS様(旦那さん)の喜んだ顔は忘れられませんし、ホッと安心出来た瞬間でした。
お引渡し式の時も過分なお褒めの言葉を頂き、「S様のお役に立てて良かった」と心から思えました。
恐らく、式に参加して頂いた協力業者さんもボクと同じ思いだったのではないかと思います。
S様、本当にどうもありがとうございました!これからもよろしくお願いします。

TOP