玄関の採光・採風をしっかり考えましょう

意外と見落としがちなのが玄関の採光と採風です

  • LDKは日当たりが良く、朝陽が注ぐダイニングで朝食をとりたい
  • リビングは日中照明をつける事がないくらい明るくしたい
  • サンルームは除湿機を使わなくも良いくらい西日が差し込んだり風通しが良い位置につくりたい

このように自然の力と上手に取り入れた生活スタイルをご要望される方も多いと思いますし、私達もそのような住宅を提案していきたいと思っています。したがって私達が間取りを検討する際に一番最初に考えるのがLDKのゾーニングです。

  • 駐車場をどこに配置するのか(駐車場に設置したカーポートがLDKへの日差しを遮っていないか)
  • 南面と東面に面しているか(この2面に大きな窓を設けつつ、しっかりテレビボード等の家具を配置出来ているか)
  • リビングだけでなく、キッチンやダイニングへも日差しが届くようになっているか

上記以外にも色々な事を考えています。

LDK等の居室に注力する一方で見落としがちなのが玄関とシューズクロークの採光と採風事。そこで今日はこの2つの注意点の解消方法をご紹介しますので是非参考にしてくださいね。

玄関は明るいだけでなく風通しも大事です

玄関は朝陽が入る方位に作りたいという要望も多くあります。鬼門(北東)を気にする方もいると思いますので、その辺も注意して欲しい事の一つですが、光を入れるだけなく換気も是非気にして欲しいと思います。

特に七尾は日中、北(海)から風が吹きます。平日は窓を開けっぱなしにして外出する事はないのですが、休日に玄関に設けた窓を開けて風を入れると換気も出来るしとても気持ち良いですし、玄関の嫌な臭い解消にもなりますので、是非玄関には窓を設置して下さいね。

玄関に設けられた窓からは気持ちよい風が吹き込みます(引用元:シティハウス産業HP施工事例

どうしても玄関に窓を設置できない場合は玄関ドア自体に風を取り入れらるような機能が備わっている製品もありますので、その製品の採用を検討してみるのも良いと思います。また、玄関の消臭・湿気対策としてエコカラットという商品を採用するのも良いと思います。

消臭・調湿機能が備わっているタイル=エコカラット(引用元:LIXIL HP

シューズクロークは明るめのクロスをオススメします

玄関の横にはシューズクロークを設けるのが最近人気のスタイル。クローク=物置(収納)という定義上、沢山の靴を収納したいし、基本的に壁一面には棚が設けられて窓が設けられない事も考えられます。(上の施工事例も窓はありません)

当たり前ですが、窓がないと部屋が暗くなるので出来るだけ明るめの壁(ビニールクロス)の採用する事をオススメします。

予算面や建築上の関係も出てくと思いますすが、設置出来るようであれば窓の設置も検討してみると尚良いです。

窓は完成したり、工事中でも外壁を張ってしまった後は簡単につけたり外したり出来る物ではありません。事前にしっかり検討してみて下さいね。

CATEGORY
アルミサッシ25
家づくり70
TAG
住まいの不満79
家づくり227
マイホーム231
マイホーム計画220
236
住宅207
間取り50
マイホームの予算90
戸建て164
TOP