キッチンの吊戸棚は必要なのでしょうか?

キッチンの吊戸棚は不要とおっしゃる方が増えてます

キッチンは I 型  L型  アイランド型 と大まかに3パターンに分かれます。

o0800060012861460503

壁に設置されたI型キッチン。LDKの大きさに限りがある場合はスペースを有効に使えます。ご存知のように、このキッチンを利用して作る対面キッチンが最近のスタンダードです。

o0800074912861460502

L型キッチン。炊事動線が短いので、とても便利です。

o0504034812861460500

アイランドキッチン。空間をより広く感じられ、とても人気のあるキッチンです。

  • 天板に物を置きたくないからオープンキッチンにしたい
  • キッチンの手元は見られたくないから手元を隠す腰壁を利用した対面キッチンにしたい
  • LDKを広く使いたいから壁付けキッチンにしたい
  • 間取りの関係でL型が便利そう

どのような生活を送りたいのかをしっかりご検討されてキッチンのスタイルを選べば良いと思いますが、弊社でもっとも多く採用されているのは腰壁を利用した対面キッチンスタイルです。

腰壁を利用した対面キッチン(引用元:シティハウス産業HP施工事例

 

上の写真をご覧になられるとお分かりになりと思いますが、対面キッチンに吊戸棚は設置されていません。これが最近のスタンダードですし、私達も最初から提案する事はありません。キッチンは主に女性が使用する事が多いと思います。背の高い女性なら、この棚は有効活用できるかもしれませんが、「こんな高い位置にある収納棚は使いにくい」という意見が多いからです。

そして、入居後に「やっぱり吊戸棚を設置しておけばよかった。」という感想もほとんど聞く事はありません。

また、吊戸棚が無い事によって、ダイニング・リビングとの空間が一体になるので、家事をする方の孤独感も解消する事が出来ます。

しかし、どうしても欲しいという方もいらっしゃると思います。そのような方にはこのような機能がオススメです。

o0800060512861535189

戸棚が下がってくる機能です。これは手動・電動の2種類があります

このようにキッチンには沢山の種類や機能があります。間取りに応じて、相談している住宅メーカーさんが、キッチンの形状を提案してくれるとは思いますが、先に自分たちから「こんなキッチンが欲しい!」と要望を言うと、そのキッチンが入るような間取りの提案もしてくれますので、これから間取りを検討する方で、キッチンにこだわりたい方は是非そのようにしてくださればと思います。

CATEGORY
キッチン3
TAG
家づくり135
マイホーム144
マイホーム計画131
142
住宅119
間取り25
戸建て78
一戸建て93
TOP