窓の付け方を工夫して豊かな生活を手に入れましょう

風通しが良くなるような工夫をしましょう

朝晩涼しい日が多くなってきました。今まで暑い日が続いてきましたので、窓を締め切りエアコンに涼を求める事が多かったのですが、心地よい風が吹き始めると窓を開けて室内の換気をしたくなります。

そういった意味でも窓は家づくりにおいて重要な位置付けとなります。

窓には沢山の用途があります。

  • 景色を眺める
  • 換気する
  • 光を取りれる

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、窓は数多くつければ良いというものではありません。なぜなら、窓は壁と比べて室内の熱を逃したり、屋外の熱を取り入れてしまう箇所だからです。したがって、窓の性能にもこだわって欲しいところなのですが、その事については別のコラムでもご紹介していますので、よかったらお読み下さればと思います。

省エネに役立つ窓ガラスを採用しましょう

このような窓ですが、実は取り付け方法や高さを工夫する事によって換気効果を期待できるようになります。

暖かい空気は天井付近に滞留します。したがって、1階の床付近に風を取り入れられる窓を設置して、2階の天井付近に風を送り出す窓を設置してあげると、暑い夏に効果的に自然換気が見込めます。

高低差換気のイメージ

さらに窓は設置の仕方を工夫する事によって、風を作り出すという事もできます。

ウィンドウキャッチ窓

何気なしに引き違い窓を設置するよりはウィンドウキャッチ窓(縦滑り出し窓)を設置する事によって、室内の換気量が3倍〜5倍になると云われています。リビング等で大きな窓を設置したいときは下の写真のような連窓がオススメです。

これからの季節と春は自然の風が気持ち良い時期になりますので、入居後の事も考えてこのような窓の設置もご検討くださいね。

CATEGORY
アルミサッシ18
TAG
住まいの不満50
家づくり147
マイホーム155
マイホーム計画143
154
間取り32
光熱費8
戸建て90
採光8
換気1
TOP