人気のある壁紙ランキングをご紹介します

最近のトレンドを取り入れつつ、納得の空間をつくりましょう

内装仕上げ材として採用率の高いビニールクロス。採用率の高い理由として

  • 安価である
  • 施工性が良い
  • たくさんの色柄から好きなデザインを選べる
  • 壁内結露対策に有効

という事があげられます。もちろん、モノには良い面だけはなくデメリットも存在します。

  • ヒビ割れやシワが発生する(時期は早ければ入居後すぐに発生する事もあります。)
  • 化学物質過敏の方には不向き

ビニールクロス以外の仕上げ材としては

  • 塗り壁
  • 塗装
  • 無垢木材(羽目板等)

があります。健康により気を使いたいという方は空気中の化学物質を極力抑えられるような材料を採用するでしょうし、塗り壁や無垢材はビニールクロスの仕上がりとはまた違った雰囲気になるので、採用を検討してみるのも良いと思います。

沢山の仕上げ材がある中で、シティハウスの建物もご多分に漏れずビニールクロスが多く採用されます。やはり、メリットからデメリットの部分を差し引いてもメリットの方が大きいからだと思いますが、今日は世間一般的にどのようなビニールクロスが選ばれているのかをご紹介したいと思います。(取引先:シンコール調べ【BESTの商品ランキング】)

第1位 BB8432

キッチン廻りに最近よく採用されるタイル柄。先日お引渡ししたD様邸でもご採用頂きました。

 

縦の空間を上手に利用した家

第2位 BB8445

第2位もタイル柄。目地がハッキリとしていない淡いタイル柄なので、玄関ホールやリビング飾り棚等のアクセントとして人気がありそうです。

第3位 BB8084

織物調の大人しい色柄です。シンプルなお部屋がお好みの方に人気がありそうです。壁はもちろんの事、天井に採用されそうなデザインです。

第4位 BB8494

第5位 BB8465

4位と5位は木目調。私達も家づくりのお手伝いをしている中で白い壁・天井にアクセントとして木目を効かせたり、天井の一部に木目調のビニールクロスをご提案する事も増えています。

こうしてみると、確かに私達もよくお客様にご提案している色柄でした。一つ意外だったのは、塗り壁調のものが無かった事です。

BB8328(LDKや玄関ホールの壁としてオススメする事が多いです)

 

デザインには流行(はや)り廃(すた)りがあるので、流行に流されてビニールクロスを選んでしまうと入居して数年後に「なんでこんなクロスを選んだのだろうか」と後悔する可能性もあるかもしれません。しかし、人気があるという事はそれなりの理由もあるはずですので、良かったら家づくりの参考にしてくださいね。
CATEGORY
クロス・造作3
TAG
家づくり135
マイホーム144
142
住宅119
戸建て78
一戸建て93
内装1
TOP