子供室は重視しなくても良いかもしれません

子供が自分の部屋で過ごす時間は少なくなっています

間取りを検討する際、子供の人数だけ子供室を作ってあげたいのが親心です。

分かります。子供には不自由な思いをさせたくないですものね。

子供室を検討する場合、気になるのはこれらの事だと思います。

  • 部屋の位置(方位や窓の位置)
  • 部屋の大きさ

部屋の配置等については、このブログを参考にして下されいね。

机の場所を工夫する事によって頭が良くなるのか?

ブログの中にも書かれていますが、【机や窓、ドアの位置】をしっかり考慮するのが大事です。

大きさについてですが、最近は4.5帖~5.4帖くらいの子供室が多いです。子供室の数によっても大きさは変わってきますが、この大きさで充分なのかもしれません。理由は最近の子供の家での過ごし方にあります。

私達が子供の頃は学校から帰ってきて、夕飯をとると自分の部屋へこもる方が多かったと思いますが、最近の子は夕飯をとった後もリビング(LDK)で過ごすからです。これは中学生や高校生と大きくなっても同じ事が言えます。LDKで学校の宿題をして、テレビ見たり、スマホを楽しんだりして、就寝時間まで過ごすのです。

もちろん、受験勉強の時期はこの限りではありませんが、この傾向は今後も変わらないと思います。

そう考えると、子供が子供室で過ごすのは寝る時間だけという事になります。したがって、子供室の大きさはベッドと受験勉強時の机が置ける程度で良いのかもしれないしれので、この大きさで良いのではと思う訳です。(テレビも不要だと思います。テレビよりもスマホを見ると思いますので。)

寝るだけの事を考えると正直、方位についても然程重視する必要はないかもしれません。ただ、換気は必要ですので、換気目的を兼ねた建築基準法上の採光面積(部屋の大きさの1/7以上)を満たす窓を設置する事は怠らないでください。

最後に子供室の数ですが、3人以上の子供がいて、上の子と下の子で歳が離れている場合は子供室は子供の数だけ必要ないかもしれません。上の子が親元を巣立つのと入れ替えで下の子が子供室を使うようになるかもしれないからです。(子供の数だけ部屋をつくっても物入れになる可能性も大です。)

あくまで私達の私見ですが、良かったら参考にしてくださいね。

CATEGORY
子供室2
TAG
家づくり63
マイホーム73
マイホーム計画66
67
住宅46
間取り10
子供室5
一戸建て21
TOP