家づくりコラム

  • SIMPLE NOTE

白い外壁を採用したけど汚れが気になって躊躇している方へ

明星光紀

白い外壁は汚れが目立ちますよね

「本当は白い家にしたいけど白い外壁は汚れが目立つし、やはりやめておこう」と考えて、白い外壁を諦めている方数多くいらっしゃると思います。

確かに白は汚れが目立ちますが、見え方が違うにしても黒やアイボリー、ベージュ系の外壁を採用したとしても白同様に汚れは目につきます。

ではどのようにすれば汚れが付きにくくなるのでしょうか?

今日はその方法と考え方についてご紹介します。

汚れの原因となるものをなくす事を考える

外観をキレイに保つためには汚れが目立ちにくい色を選ぶというよりも、汚れの原因をなくすことを優先的に考えると良いと考えます。

 

例えば上のお家は真っ白の外壁をご採用されていますが、玄関がある家の正面から汚れの原因となるものを無くす事によって汚れがつきにくくなるような工夫をしています。

外壁の汚れの原因となるものとは?

外壁に汚れをつけてしまう原因の一つに“窓”があげられます。窓は外壁よりも出っ張っており、その突出した部分に溜まった土ほこりなどが雨と共に窓の脇を伝って流れるからです。

したがって、毎日目に触れることになる家の正面に窓をつくらないという工夫をする事によって外壁を汚しにくくするという訳です。

もちろん、窓がないからといって家の中が暗くならないような配慮は欠かせません。

窓をつけない事のメリット

家の正面に窓をつけないとこのようなメリットがあります。

さらにパッと見ただけでは間取りが分からなくなるため自ずと防犯性も高くなります。また、これらの部材も窓同様に外壁を汚したり外観を乱す原因となります。

これらはお打ち合わせ時に立面図やイメージ図に反映されない事もあり、家が完成して初めてその存在に気付くこともある為注意が必要です。

したがって、家の正面にこれらの付属物がつかないか注意を向ける事や間取りを考える事が必要となってきます。

間取りは周囲の環境も確認しながら検討しましょう

多くの方が、間取り図(平面図)だけを見て検討しています。しかし、家は敷地環境や周囲の家との兼ね合いなども同時に考えながら配置や間取りを考えていかないといけないと考えています。

例えば、ただ単に方位が南だからという理由だけで南に大きな窓をつくった場合、このような事が考えられます。

これらは住んでみて気付くことかもしれませんが、住んでからではどうすることも出来ないものです。

最後に

今日ご紹介した内容を含め、このコラムでは住んでからの「しまった」を少しでも無くせるようにと考え書いています。一生に一回の家づくりですから、確認しながら納得のいく家づくりをして下さいね。