施工事例

大きな吹き抜けが心と生活にゆとりをもたらす家

5LDK41~45坪

OUTLINE

  • 間取り
    • シューズクローク
    • LDK+和室
    • サンルーム
  • 工夫・こだわり
    • タイルデッキ
    • 造作洗面化粧台
    • 中庭
  • 階数
    • 2階建
  • 大きさ
    • 5LDK
  • 坪数
    • 41~45坪

TAG

  • 吹き抜け
  • APW330
  • TOTO
  • ミッテ
  • サザナ

弊社担当より

明星光紀

小さな3人のお子様をお持ちのS様ご夫婦。お子様達がのびのび育つように。。。という願いと、中庭を上手に利用した家族での豊かな生活(バーベキューやプール等)を送れるようにと考え、色々なご提案をさせて頂きました。

「そうか。中庭という選択肢は全く考えてなかった・・・」

間取りのご提案の時に喜んで頂いたのが凄く印象に残っています。

そんなS様との家づくりにおける工夫の数々を是非ご覧くださいませ。

特徴や工夫

POINT1 癒しと機能性を追求した玄関・シューズクローク

【玄関+シューズクローク】は多くの方がご採用頂く間取りです。

S様邸は5人分の靴を充分収納しつつ、旦那さんの趣味である熱帯魚の水槽とカブトムシの飼育ケースを置けるようにしました。

玄関付近に癒しがあると帰宅して玄関ドアを開けるのも楽しみになりますね。

木目の玄関ドアと無機質なモルタル床との組合せが素敵な玄関

POINT2 子供達の成長を見守る大きな吹き抜け

LDKには大きな吹抜けを採用。建物の形状(間取り)を工夫する事で、道路からの視線を遮りながらも明るい陽射しが沢山入りこむ空間となりました。

大きな吹抜けは開放感を感じる事が出来るので、小さなお子様達も元気いっぱい家の中を走りまわってくれそうです。

可愛いレンガ調のアクセントクロスとリビング階段

吹抜けにはシーリングファンを採用。

「大きな吹抜けがあると冬寒いのでは?」と心配する声を第三者から聴きますが、お家自体の断熱性と窓の性能が良くなったので、

実際吹抜けを採用されたお客様からは「冬寒い」という事はあまり聞かなくなりました。

吹抜けの天井は可愛いヘリンボーン柄

スポットライトを多灯採用し、白い壁を照らした反射光で空間全体が明るくないようにと工夫した照明計画。

狙い通りに夜もしっかり明るい空間となりました。

スポットライトと補助光的役割のダウンライト。ダウンライトはもちろん集約配灯です。

2階ホールからの眺め。無垢板の手摺壁も素敵です。

POINT3 階段下のスペースを利用した大容量のファミリークローク

ダイニングスペースから出入り出来るところに設けた階段下の大きなファミリークローク。

掃除機や扇風機等大きな家電関係から子供さんのおもちゃ、教科書等まで幅広く収納出来ます。

窓を設けてしっかり換気も出来るようにしました

奥の方で壁が凸凹しているのはテレビのレコーダー収納。リビングはテレビボードを置かないので、このような工夫もしました。もちろん、テレビとレコーダーを繋ぐケーブルも壁内隠蔽配線です。(テレビは壁掛けテレビを予定)

アクセントクロスが可愛い収納。毎日収納を空けて壁面を眺めたくなりそうです^^

POINT4 モザイクタイル+造作スタイルの洗面化粧台

家族の人数が多いという事はお出掛け前の洗面所も混雑するかもしれません。その辺の事も見越して大きな造作洗面化粧台を採用しました。

奥は洗面スペース、手前はスタイリングスペース。

玄関に設置した全身鏡で身だしなみをチェックして「いってきます」

照明器具もお化粧がしやすいようなモノを採用しました

POINT5 エクステリアでお家の外観をスタイリング

奥様のご要望で間取り内にサンルームを組みこむのではなく、上で紹介した洗面スペースから出入り出来る外付けサンルームをご採用しました。

外付けのサンルームは3方向から太陽の光が沢山差し込むので、多くの洗濯物を効率的に乾かす為には重宝する事間違いなしです。

外観はご夫婦たっての希望でグリーンの金属サイディングを採用。深い緑の外壁と落ち着いた木目柄のサイディングの相性もよく、素敵な外観となりました。

跳ね出しのベランダも外観のシャープさ演出に一役買っています

お客様の声

(準備中)

担当からお客様へ 明星光紀

知人のご紹介でご縁を頂けたS様。

お若いご夫婦だったのですが、ボクが若い時とは比べ物にならないくらいしっかりしておらて、ビックリしました。

家づくりの最中は旦那さんと奥様のご意見が分かれる事もありましたが、奥様は旦那さんをたて、時には旦那さんが奥様をたて、の繰り返しで

家づくりを通してご夫婦の絆が深まったのではないかな?と思います。

旦那さんとはInstagramで繋がっているのですが、新居での楽しそうな投稿を見るたびにとても嬉しく感じる今日この頃です。

これからも長いお付き合いになると思いますが、今後共よろしくお願いします。

明星光紀の事例一覧

ご相談・お問合せはお気軽にどうぞ