3LDK以下41~45 アイランドキッチンとLDK隣のウッドデッキで家族が集う家

1 83.5㎡(25.26坪)

アイランドキッチンとLDK隣のウッドデッキで家族が集う家 - 1階 83.5㎡(25.26坪)(C)シティハウス産業株式会社

2 57㎡(17.24坪)

アイランドキッチンとLDK隣のウッドデッキで家族が集う家 - 2階 57㎡(17.24坪)(C)シティハウス産業株式会社

設計者コメント

大理石調フロアの玄関ホールには、第二の洗面化粧台を作りつけました。玄関近くにあると、帰宅後すぐうがい・手洗いができますね。メインの洗面室は部屋の奥、対極の場所にあるので、お掃除の時にも便利です。

玄関ホールの先には、23.2畳のLDKが広がります。
アイランドキッチンを中心に、リビング・ダイニングが配置されています。料理をご家族で楽しむ家庭にピッタリな間取りです。
アイランドキッチンは、廻りをぐるりと移動できるのが良いところ。キッチンに立つ奥様がいるために冷蔵庫にたどり着けない…といったことがありません。
キッチンの向こう側にある、洗面化脱衣室パントリーへ、家族全員、ラクにアクセスできます。

ダイニングスペースには、パソコンやお子さまの宿題をするのに便利なカウンターテーブルを。近年、子供は自室よりも、家族が集まるリビングダイニングで勉強ほうが学力アップによいと言われています。壁に向かったこの場所なら、家族と一緒でありながら、集中して勉強もできそうです。

洗面脱衣室の右はお風呂、左にサンルームを配置。天候の悪い日や花粉・PM2.5の気になる時でも、サンルームなら安心して洗濯物を干すことができます。
洗濯機をサンルームに置くことで、洗面脱衣室を広々と使えますね。

リビング横に、屋根つきのウッドデッキを施工。お天気のよい日のランチや、夕涼みなど、楽しみが広がります。

LDKの隣に配置することも多い和室ですが、ここでは、独立した和室を採用。来客時には重宝します。坪庭を眺めるのも楽しみのひとつになりそうです。

2Fは、ファミリーホールとして、広々としたスペースを作りました。このスペースは、将来的には壁を追加し、今は一つの子ども部屋を二つにすることができるよう配慮したつくりになっています。ファミリーホールからは奥行きのあるバルコニーに続いています。

ご両親の使う主寝室には、大容量のウォークインクローゼットをご用意。

幅広のバルコニーは主寝室と子ども部屋の両方から出る事ができ、屋根があるので、洗濯物を干していても少々の雨なら濡れる心配がありません。

大容量の納戸もプランニングしていますので、家族の季節の品や、思い出の品などもスッキリと収納ができます。

家族の団らんと、充実の収納をもつ、3LDKの間取りプラン。
いかがでしたでしょうか? あなただけの間取りプランも、もちろんお作りいたします!
ぜひ、シティハウスにご相談ください。

面積・坪数

延床面積
140.5㎡(42.5坪)
1面積
83.5㎡(25.26坪)
2面積
57㎡(17.24坪)

DATA

  • 間取り
    • 和室
    • サンルーム
  • 大きさ
    • 3LDK以下
  • 工夫・こだわり
    • アイランドキッチン
    • ウッドデッキ
  • 階数
    • 2階建
  • 坪数
    • 41~45坪

間取りに関するQ&A

気に入った間取りの外観を見せて頂く事は可能ですか?

外観データーを保存していないのでお見せする事は出来ません。

間取りギャラリーは、商談してご縁のなかったお客様の間取りや没プラン等を載せています。一生懸命、実際の生活をイメージしながらの間取りですので参考になると思うのですが、生憎外観データまで保管している事はないのでお見せする事が出来ません。

当サイトの施工事例ページに外観写真がありますのでご覧ください。

間取りをそのまま使って家を建てても良いですか?

もちろん可能です。遠慮なくご利用ください。

ある意味、日の目をみなかった間取りですので、逆にご採用くださればとても嬉しいです。

しかしながら、敷地は1つとして同じ条件はありませんし、人それぞれの考え方や価値観は違いますので、ご自分達が生活しやすいようにアレンジされた方が豊かな生活を送れるのではないかと考えています。

間取りの建物の金額を教えてもらえますか?

採用するキッチンやお風呂、床材等によって金額が変わるのでお伝えできません。

間取りギャラリー内の間取りへの質問をして良いですか?

もちろん大丈夫です。しかし、お答えするのは私達の商圏内で建築をご検討中の方とさせて頂きます。

言い方が大変難しいのですが、私達の時間も有限です。したがって、私達の商圏内のお客様の家づくりのお手伝いに集中したいという想いもあり、基本的に間取りに関する質問についてはご回答しかねる場合もあります。大変申し訳ありませんが、ご理解を頂ければと思います。

間取りギャラリーTOP