家づくりコラム

  • 資金計画

住宅ローンの固定金利更新時期を迎えた方へ

明星光紀
更新日

近年多く採用される住宅ローンは短期固定金利です

住宅ローンを選ぶときにこのような事で悩む方が多いと思います

自分でしっかり調べて金融機関に相談した上で決める事もあれば住宅メーカー営業担当者やファイナンシャルプランナーさんのアドバイスで決める方もいらっしゃいますが私達のお客様でここ10年来多くの方が選ばれるのが短期固定金利以下:短期という言われる商品です

短期のメリット・デメリット

短期は2年3年5年とある金融機関が多く中期スパンとしては10年長期スパンでは20年35年と言った商品がありますでは短期のメリットデメリットを見ていきましょう

メリット

短期固定金利は金利設定期間が短く金利が低く設定されているので毎月の返済金額が抑えらます金利が安い為元金の減りも比較的早くなるのでこれらの点で大きなメリットがあります

デメリット

一番初めに借りた時は金利が低いのですが固定金利が終了して新しく金利設定をする場合は金利がああがりますしたがって毎月の返済額も高くなるので注意が必要です

短期の返済を終えた後はどうなるのでしょうか?

短期の中で採用率が高いのが北國銀行さんで2年北陸銀行さんで3年という商品です固定期間の返済を終了した際終えた時点での金利を元に再度何年固定で借りるのかを選択しなければなりませんこの先金利が上がるかもしれないし何年で借りれば良いのか頭を悩ます事になると思いますそこで長年この仕事をしている私達がお客様から相談された際にアドバイスする事自分自身も住宅ローンを組んでいる中で選択し続けている事をご紹介します

結局また短期で良いと考えます

数年前に金利は本当に底で現在は少し高くなったものの依然として低金利が続いていますこの先急にインフレが起きて金利が急上昇する事も考えづらい為結局短期のままで良いと考えます

もし不足の事態で金利が急上昇したとしても金利の上げ幅は天井知らずではなく一定以上があげてはいけないと決まっていますしそれでも不安な場合は手数料を支払えば金利期間を変更する事も可能です

最後に

これらの理由で自分達が予定していた毎月の返済金額以上にお金を借りれる事もあるかもしれませんが入居後には固定資産税や子供さんの学費更にはマイホームの維持費用等々お金は必要になってきますしたがって借りれる金額を借りるのではなく返済しつつも家計にある程度余裕のある資金計画をして下さればと思います