土地を探す際は駐車場と歩道の関係を確認しましょう

歩道があると駐車場のスペースが十分に確保できない可能性があります

土地を探す際、以下のような条件を希望される方は多いです。

  • 角地(隣に家が建たないので、日当たりとか良くなりますもんね)
    幹線道路よりも1本中に入った住宅地
  • 歩道がある(子供の道路への飛び出しの危険を回避出来ます)
    人気の住宅地である(子供が多いので、子育てしやすい)
  • すでに子供が小学生の場合は子供の通っている学校の校区(未就学児の場合は通わせたい学校の校区)
  • 祭の関係等で自分の生まれ育った地域

土地はご縁のものですので、運良くこれらの条件を満たす土地と出会える事もあればなかなか出会えない場合もあります。自分達で土地探しをしようとした場合、インターネットで情報を検索する方が多いと思いますが、良い土地は売りに出す前に売れてしまうという可能性もなきにしもあらず。

したがって、良い土地を探すコツの一つは住宅会社の営業スタッフや不動産会社さんと仲良くなる事もかもしれません。

話は戻りますが、条件の中の一つに【歩道】あります。

歩道は小さな子の道路への飛び出し対策にや役立つし、子供の通学路としても重宝されます。しかし、駐車場を確保するという意味では障害になる事もあります。

どうしてかというと歩道には道路との仕切りである縁石があるからです。

縁石は原則として一つの住宅地に対して4mの進入スペースと決められています。実はこれが駐車場の台数を確保するという点でネックになるのです。

突然ですが質問です。車を3台停めるのに必要な幅ってご存知ですか?

余裕をもって駐車しようとすると実は7.5mくらい必要なんです。今は夫婦で2台だとしても子供が大きくなって、車を運転するようになると3台の駐車スペースが必要になります。それに対して、縁石が切れている(車の進入が可能な)スペースは4m。その事からも工夫して駐車場をつくらなくてはいけない事はご理解頂けると思います。

この対策としては【駐車場スペース(停めやすい位置)を確保してから建物の計画をする】という事です。

もちろんこれらの事は住宅メーカーが考慮するべき事ですが、土地を探す際は歩道と敷地の関係も気にしてみてくださいね。

CATEGORY
土地探し4
TAG
家づくり262
マイホーム266
マイホーム計画252
272
住宅241
駐車場3
戸建て199
一戸建て217
外構工事3
TOP