見栄えも大事ですけど使い勝手を重視しましょう

見栄えも大事ですがそれ以上に大切なものがあります

家づくりをする際、誰しも友人や知人に「素敵なお家ですね」と褒めてもらえるような自慢のお家を作りたいはずです。

もちろんそれが家づくりの全てではないと思うのですが、毎日暮らす事を考えると自分のお気に入りの空間で過ごした方が気分良く生活できるはずだからです。

そのような空間を手に入れる為の主な方法は下記の2つがあげられます。

  • 素敵な空間を作っている設計事務所や住宅メーカー、工務店を探す
  • ピンタレストやインスタグラム等のアプリでお気に入りの空間写真を探して依頼先の会社へ伝える

上の場合は依頼先にお願いすれば理想の空間を手に入れる事が出来るとが出来ますが、下の場合は一つ注意して欲しい事があります。

それは使い勝手をしっかり考えてくれているかという事です。

空間(カタチ)だけは写真を見れば真似を出来ますが、どうしてそのデザインや使い勝手にしたのか等の本質を分かっていないと完成してから使い勝手の悪さに気付く事があるかもしれないからです。

例えば先日のコラムでもご紹介した窓際のカーテンやロールスクリーン等の問題もしかり、

  • デザインを重視した照明を選んだばかりにお部屋全体の明るさが足りなかった
  • 見栄えを追求して飾り棚を多く設置したのは良いけど、それほど飾るものもなく、掃除の手間ばかりが増えてしまった

という事もあり得るからです。

空間デザインのメリットとデメリットを理解しながらお気に入りの空間に仕上げましょう(引用元:シティハウス産業HP施工事例

  • なぜここにこんなコンセントを付けたのか
  • このドアの開き勝手はなぜこうしたのか(なぜこのデザインにしたのか)
  • この飾り棚には何を飾るのか

こうした質問にしっかり答えられないようであれば正直その機能やデザインは不要なのかもしれません。

デザインも大事ですが、入居後の生活をイメージしながら使い勝手もしっかり検討して家づくりをして下さいね。

CATEGORY
家づくり70
TAG
住まいの不満79
家づくり227
マイホーム231
マイホーム計画220
236
住宅207
間取り50
戸建て164
TOP