生活の仕方を左右する階段スタイルとそれぞれの特徴について

リビング階段は根強い人気があります

階段の位置をどこに設けるかはとても大事な検討事項です。私達がご提案している間取りでは、主に3パターンに分かれます。

  • 玄関ホールから行き来する階段
  • LDK内に設ける階段
  • 玄関とLDKを経由して中ホール(中廊下)から行き来する階段

沢山のお客様とお話していると分かるのは皆さんそれぞれの価値観をお持ちだという事。明確にどの階段が良いのかをおっしゃってくれます。そこで今日はそれぞれの階段の特徴をご紹介します。

玄関ホールから行き来する階段

これまでの間取りでは最もオーソドックスな階段スタイルです。日本の住宅は間欠暖房(かんけつだんぼう)※を採用している事が多いので、このスタイルを採用して、LDKと空間を別にする事によってLDKを少しでも快適な空間に保てます。また、子供の友達が来た際にもLDKを通る事なく2階へ行けるので、少しだけLDKが散らかっていても安心して友達を迎え入れる事が出来ます。

※必要な部屋を必要なだけ暖めるスタイル

2世帯住宅でも多く採用されます(引用元:シティハウス産業HP施工事例

リビング階段

子供が学校から帰って直接自分の部屋へ行けるのではなく、家族と顔を合わせる機会を増やしたいという考えの方に最適なスタイルでとても人気があります。鉄骨階段やアルミ製階段を採用すると南面に面した大きなテラス窓付近にも階段を設置出来たりするので、空間をより有効的(広く)使う事が出来ます。

LDKの真ん中に設けられた階段(引用元:シティハウス産業HP施工事例

明るい窓際に設けられた階段(引用元:シティハウス産業HP施工事例

玄関とLDKを経由して中ホールから行き来出来る階段

先に紹介した2つの階段の良いとこ取りをしたのがこのスタイルです。玄関ホールではなく中ホールを設ける事によって

  • 暖房対策
  • 子供(家族)と接する機会を増やす

という2つの要望を満たす事ができます。中ホールを設けた場合は中ホールからトイレへ行く動線をつくったり、洗面化粧台を設置したりする事もあります。何かと多機能な空間にする事も出来るのでとても便利ですが、床面積が大きくなる傾向もあるので、建築費用は若干コストアップする事も考えられます。

中ホールに設けられた階段(引用元:シティハウス産業HP施工事例

冒頭にも書きましたが、人それぞれの価値観がありますので、どれが正解とか不正解というものはありません。自分達がどんな生活をしたいのかをご夫婦でゆっくり検討して選んでみて下さいね。

CATEGORY
リビング3
TAG
家づくり261
マイホーム265
マイホーム計画251
271
住宅240
戸建て198
一戸建て216
階段1
TOP