シャワーのみの入浴は節水になるのでしょうか?

冬でもシャワーのみで入浴を済ませる方が増えています

【入浴は一日を疲れを癒して、心身ともにリフレッシュできる時間】そう思っている方も多いと思いますが、以前にこのような事がTVニュースで報じられていました。

夏場は湯船にお湯を張らずにシャワーだけで済ませる人が全体の約4割弱

もちろん夏場ですので、そんな方も多いだろうというのは理解できますが、実は冬でもシャワーのみで入浴済ませる方も年々増えてきています。仕事から帰ってきてもこなさなくてはいけない家事が沢山あり、一人でゆっくりする時間を少しでも確保するための方法の一つなのだとは思いますが、これはエコなのかどうなのか?という視点でこの件について考えてみようと思います。

浴槽の利用状況の統計(引用元:PRTIMES

 

例えばこのほうなモデルケースでシュミレーションをしてみました。

4人家族(パパ、ママ、男の子16歳、女の子13歳)の水道代

湯船にお湯を張るときの目安は凡そ200L・シャワーは10L/分 と想定します。

シャワーと湯船併用の場合

パパの入浴 シャワー 8分×10L=80L
ママの入浴 シャワー 15分×10L=150L
男の子の入浴 シャワー 15分×10L=150L
女の子の入浴 シャワー 20分×10L=200L
これに湯船の200Lを足すと 合計780L になります。

シャワーのみの場合

シャワーだけだど、体を温めたりするのに余分にシャワーを使いますので、1人あたりの使用時間を5分加算してみます。

上記シュミレーション使用量計 580L
5分×4人×10L= 200L(加算分) 合計780L

予想では、シャワーの方がお湯をつかうに決まっていると思い込んでいた方も多いと思いますが、実はそんなに大差がないのです。(もちろん、使い方によって使用量は変わってきますが)

ここで一つ考慮したい事があります。今のお風呂では標準仕様で節水型シャワーがついてきます。(下の写真はLIXILさんの節水型シャワー【レインO2シャワー】です。以前発売していたエコフルシャワー(※それまでの従来品より47%の節水効果)より15%の節水が見込める商品です。)したがって、シャワーのみの場合は、水量的にもエコとなる可能性があるいう訳です。(お湯を使わないという事は沸かすエネルギーも少なくなるので、光熱費的にもエコとなる可能性があります。)

カラフルなシャワーヘッド

子供は大きくなるにしたがって、湯船につかるよりはシャワーで入浴をすませるようになる傾向が高まるのも正直なところ。年頃の子供がいて、タイルのお風呂を使用されている方はそんな事も踏まえてリフォームを検討してみてはいかがでしょうか?

CATEGORY
浴室・バスルーム6
TAG
家づくり202
マイホーム207
マイホーム計画195
211
住宅183
光熱費12
一戸建て158
TOP