敷地周囲の環境をしっかり確認しましょう

間取りは動線や収納容量だけが大事なのではありません

建築予定地(以下:敷地)が決まっていないのにどんな家に住みたいのかを検討し、住宅メーカーに相談する方はいらっしゃらないと思います。なぜかというと方位や敷地の形状、周囲の環境が敷地によって変わるからです。

ここまでは「そんなの当たり前」と思われるはずですが、実際敷地が決まって間取りを検討する際にこれらの事を忘れてしまう事があります。

例えばこれらの要望があったとします。

  • 玄関・ダイニング・リビングは明るくしたい
  • 洗濯物がよく乾く方位にサンルームをつくりたい

間取りだけみるとしっかり検討されてて、玄関やダイニングに朝日が入り気分良く一日のスタートが切れるようになっているし、リビングにも大きな窓が南面に設置され、とても明るい部屋になっています。

ところが、住宅密集地にこのような間取りの家を建てたらどうなるでしょうか?

間取りはしっかり方位に合わせて描いてあるかもしれませんが、近隣住宅の影になって玄関やダイニングに朝日は入ってこないかもしれません。リビングも同様です。

これは住宅密集地に限らず、住宅地であればどこでも同じような事がおきます。何区画もある分譲地で一番はじめに建築する場合はどうしようもありませんが、後発で建築する場合はこんな事に配慮すると良いです。

  • 近隣住宅のどこにお風呂等の窓があるのか、その周辺にリビングの大きな窓が面していないか?
  • 逆も然りで、近隣住宅のリビングの大きな窓の目の前にトイレや洗面脱衣室の窓がないか?

このように方位や敷地の形状だけでなく、周辺の環境をしっかり考慮する事が大事です。

変形敷地を利用してプライベートガーデンをつくる

周辺環境をしっかり検討するとこのような豊かな生活が送れるようになります。

プライベートガーデン

変形敷地を利用してプライベートガーデンを実現した事例(引用元:シティハウス産業HP施工事例

これらは住宅メーカー側でしっかり検討するべき事ですが、備えあれば憂いなしで住宅メーカーのいう事を鵜呑みにせず、しっかりご自身でも周囲の環境を確認しておく事は大事です。

  • 便利な水廻り動線
  • 収納容量の確保

これらももちろん大事な事であるのは間違いないのですが、今日ご紹介した事も是非チェックしてみてくださいね。

CATEGORY
家づくり55
TAG
家づくり178
マイホーム184
マイホーム計画171
186
住宅160
間取り39
戸建て115
一戸建て134
採光9
採風4
TOP