壁のヒビ割れはどうしても生じてしまいます

ビニールクロスのみならずほとんどの仕上げ材で発生する可能性があるヒビ割れ

弊社がご提案している天井・壁の内装仕上げ材はビニールクロスです。ご存知の方も多いと思いますが、多種多様な色柄がついたビニール素材と紙を貼り合わせたもので、紙面を下地材(石膏ボード)に貼っていく製品です。

ビニールという事もあり、化学物質等の関係で他業界からは賛否両論のある素材です。(電気業界のIHクッキングヒーター、ガス業界のガスコンロの水掛け論と同じ事だと思っていますので、私達はメリットの方を重視してお客様にご提案しているという訳です。)

参考までにビニールクロスのメリットというと以下の通り。

  • 多種多様な色柄から自分の好きなデザインを選べる
  • 施工性がよいので、工期が短く、職人さんの手間賃も抑えらえる(コストダウン)
  • 全てではありませんが、湿気を弾いてくれるので、壁内結露を妨げる役割を担ってくれる

デメリットはというと上にもあげましたが、

  • 化学物質の問題
  • ひび割れ、シワ等が発生しやすい

という事です。デメリットを回避したい場合、体質に不安のある方は実際にビニールクロスを張っているお友達のお家に遊びに行ってみるのも良いと思います。敏感な人は本当に敏感ですので、滞在後、すぐに体調に違和感を感じると聞いた事があります。もし、数時間の滞在で体に異変を感じたら、採用を見送るべきだと思います。

ひび割れやシワについてですが、これはある意味仕方のない症状で職人さん(大工さん・内装業者さん)の技術のせいではない事がほとんどです。

ビニールクロスのヒビ割れの事例(引用元:リペアスペースHP

日本には四季があります。当たり前ですが、温度も湿度も季節によって違う為、下地材(柱や胴縁等の木材や石膏ボード)が少なからず動くのが原因の一つとしてあります。あとは幹線道路等の大きな車が通行する道路の近くにある場合は振動等が影響する可能性があります。

したがって、極端な例では入居前にヒビ割れ(つなぎ目がすいたように見える)もシワも発生する可能性があります。それはもうどうしようもない事実です。

しかし、分かってはいても大切なマイホームの壁紙にヒビ割れやシワが発生した場合に心中穏やかではないのがお客様(お施主様)の心情だと思います。そこで、弊社は張替え工事をするのは稀ですが、入居後の定期訪問でどうしても気になったところがあれば無償で1回補修させてもらっています。

参考までに弊社での事例は少ないですすが、塗り壁でもヒビ割れは発生します。(塗り壁はクロスに比べると補修しやすいというメリットがあります。)

ビニールクロスだけ悪者ではありませんので、製品の良い面・悪い面をご理解して頂いた上でご採用下さればと思います。

CATEGORY
クロス・造作5
TAG
住まいの不満54
家づくり164
マイホーム172
172
住宅147
入居後のお役立ち情報25
戸建て107
一戸建て122
TOP