家づくりコラム

  • 家づくり全般

家具の大きさを事前に検討しておきましょう

明星光紀

家具まわりの空き寸法を確認するのはとても大事です

新居で使う家具をどの段階で考えますか?

実物がすでにある場合は打ち合わせの際に間取りに落とし込んで動線等の確認をする事が出来ますがこれから購入する場合には正直間取り検討の時からどのような動線になるのかを確認する事は出来ません

何故なら仕上がった空間のイメージにマッチした色の家具を採用したいと思うからですしかしながら家具の色までは決めないまでも家族構成やどういった生活を送りたいのかを踏まえてこれらの事は想定できます

今日は大事な家具の一つであるダイニングテーブルの大きさや家族が通る際の必要寸法についてご紹介します

間取りの中心となる部屋はLDKです家族皆で一番多く過ごす空間だから当然ですよね重要な空間だからこそ生活に支障が生じないように家具の配置をしっかり考えたいところです不具合事例で言えばこのような例があげれらます

このように事前にしっかりと家具の大きさを検討する事は大事なのがご理解いただけるはずです

話はダイニングテーブルに戻りますダイニングテーブルの大きさの目安は食事する際に必要な最低寸法を基準に考えておけばいいと思います

1人あたりに必要な寸法は幅60cm奥行40cmとなっていますこの寸法を基準に考えると4人家族に必要なテーブルの大きさは幅120cm奥行80cmとなりますしかしこれはあくまでも目安ですのであまり当てにはして欲しくありませんもうちょっとゆったりとテーブルの上にお皿を並べられるように幅160cm奥行90cmは確保しておきたいところです

さらにこのテーブルの周りは家族が歩きますので歩行用のスペースを確保しないといけません

椅子を利用しながら家族が問題なく後ろを通れるのは1m必要ですあまり通らない場合は75cm程度でも問題ありません)。間取り取りを見ていて問題なくダイニングテーブルが配置してあってもテーブル~壁までの距離が近いかもしれませんのでこの点についてもご注意下さい

入居してからのしまったを無くす為にこのような事もしっかり事前にご検討下さいね