水廻り機器を選ぶポイント

水廻り機器の平均金額はいくらなのでしょうか?

家づくりをする上で予算を設定するのは当然の事です。なぜなら念願のマイホームを建築したものの、住宅ローンの返済で入居後の生活が苦しくなるのはせっかく豊かな生活を送るために新築したのに本末転倒だからです。

「この住宅メーカーは自分達の予算内で建築できるのか?」を坪単価でざっくりと判断する方もいらっしゃいますが、坪単価を大きく左右するのは水廻り機器(以下:水廻り)の金額であったりします。

住宅にはこれらの水廻りが設置されます。

  • キッチン
  • お風呂
  • 洗面化粧台
  • トイレ

沢山の水廻りメーカー(以下:メーカー)が沢山の種類の商品を展開しているので、どのメーカーがどんな特徴なのかを調べるのは大変な作業です。では、予算の関係もあるし、どのようにメーカーと商品を選べば良いのでしょうか?

住宅メーカー(以下:工務店)に見積もり依頼をする際これら2つの方法のどちらかを選べば良いと思います。

  • 工務店が標準的にお客様にご採用頂いている水廻り機器を提案してもらう
  • 事前にショールーム(工務店がオススメする水廻りメーカー)にいって、工務店がお客様にご採用頂いている標準機器と機能の説明を聞きながら水回りを選定して見積もりに反映させる

参考までにですが、弊社であればLIXILさんの以下の商品を最初に提案しています。

  • キッチン=AS(エーエス)※基本的にはアレスタと一緒なのですが、アレスタのオプションの一部を採用できないかわりに金額を抑えれる商品です。(取り扱いしている住宅メーカーとしていない住宅メーカーがあります。)
  • お風呂=アライズ<Zタイプ>
  • 洗面化粧台=ピアラ若しくはオフト
  • トイレ=1階はサティス若しくはプレアス、2階は普及品

LIXILのキッチン AS(引用元:シティハウス産業HP施工事例

LIXILシステムバスルーム アライズ(引用元:シティハウス産業HP施工事例

皆さんの水廻り予算は平均いくらくらいで設定しているのかも気になる方もいらっしゃると思います。

残念ながらこの質問に対する明確な答えはありません。先にも書きましたが、私達がご提案する商品でも沢山の機能(オプション)の設定があります。それらをショールームで説明を聞きながら選んでいくと金額は人それぞれバラバラになるからです。

私達のこれまでの経験上、弊社がご提案している水廻りは他社が提案してる機器とくらべても同等グレードの場合が多いです。したがって、他の人よりも極端にグレードが低かったり、高かったりする事は少ないのではないかと思っています。

水廻りの平均金額はお伝え出来ませんが、各工務店が標準的にご提案している水廻りを基準に選ぶという方法が一番無難かもしれません。もちろん、自分でしっかりと調べて納得したものを採用するのが一番だと思います。

これから家づくりをされる方は良かったら参考にして下さいね。

CATEGORY
家づくり41
TAG
家づくり135
マイホーム144
マイホーム計画131
142
住宅119
マイホームの予算41
戸建て78
一戸建て93
TOP