ペアガラス内に水が溜まったらすぐに連絡しましょう

ペアガラス内に水やカビが発生した場合の対処方法

昔、窓に付属しているのは単板(シングル)ガラスでしたが、20年くらい前から【断熱性・遮音性】対策としてペアガラスが普及してきました。現在は更に性能向上を目的として

  • トリプルガラス
  • アルゴンガスを注入した複層ガラス

といった商品も発売されています。

最近採用率が高い窓=サーモスL(LIXIL)もペアラガラスが採用されています

トリプルガラスを選択出来るサーモスX(LIXIL)。採用率は未だ低めの高級グレードです。

このペアガラスの構造はガラスとガラスの真ん中は乾燥材が入っている空気層となっています。したがって、ペアガラス内に水滴やゴミがはいったり、カビのようなものが発生する事は有り得ません。それでも稀にこれらの症状が発生してしまう事があります。(最近ではかなり症例は減りました。)

その原因と対策について今日はご紹介します。

原因はというと、純粋に製品不良が考えられます。製品には保証期間がつきものの場合が多いのですが、この種の不具合のペアガラスの保証期間は10年となっています。お引渡しから10年の間にこのような症状が発生した場合は無償で窓メーカーさんが新しいものと交換してくれるのです。

しかし、10年を超えてしまうと例え「入居してしばらくしてすぐに症状が発生した」と陳情しても無償での対応は難しくなります。住宅メーカーに気を遣って「まぁ、このようなものなのかな?」と遠慮して報告をしないとせっかくの無償交換の権利を喪失してしまうかもしれません。

従って、このような症状を見受けた場合は出来るだけ早めに住宅メーカーに連絡してくださいね。

CATEGORY
ドア・引き戸2
TAG
住まいの不満35
家づくり106
マイホーム116
111
住宅88
入居後のお役立ち情報19
戸建て52
一戸建て62
アルミサッシ1
TOP