最近お湯の出が悪いと困っている方へ

急にお湯の出が悪くなる事があります

キッチンやお風呂、洗面化粧台等、水やお湯を必要とするところには配管が敷設されています。最近ではこの配管は樹脂系のものを採用しているのですが、15年~20年くらい前の建物だと鉄管を多く使用していました。

鉄管は経年劣化で錆びが発生してしまいます。最悪の場合だと冬場の凍結が原因による配管の破裂(今年は多く発生しましたよね。)に繋がったりします。実は先日、弊社社長が自宅(築19年)の浴室とトイレのリフォームをしました。19年前といえばご多分に漏れず鉄管を採用していたのですが、水しか使用しないトイレの配管の傷みはそれほどではなくても、お湯を使用する浴室の配管(特にお湯)はかなり腐食が進み、若干配管から水漏れが確認されました。

この時は交換可能な箇所は鉄管から樹脂管にやりかえたのですが、後日、キッチンのお湯の出が非常に悪くなったのに気付いたそうです。

今回、社長の自宅のキッチンはリフォームしていません。

なぜ、関係のないキッチンのお湯の出が悪くなったのでしょうか?

原因はやはり鉄管によるものでした。リフォームの直後、鉄管内についた錆びやゴミが何らかの拍子でキッチンの水栓に流れていったのです。水栓から水やお湯が出てくるには配管経路のある箇所に仕込んであるフィルター(水栓の吐水口にもついてます)を通してゴミを除去出来るようになっています。

このフィルターにゴミが詰まると急に水量が減ってしまうのです。

今まで当たり前に使っていた水量が急に減るとかなりのストレスと不都合を感じます

社長の自宅もフィルターの掃除をして水圧は元通りになりました。

リフォーム等の直後ではなくても、長年使用しているうちにお風呂のシャワーの水圧が弱くなってしまう事もあります。この場合もフィルターのお掃除で症状が改善する(場合によっては配管工事の敷せ替えが必要)可能性がありますので、「水圧がおかしいな」と思ったら、お知り合いの設備業者さんか住宅メーカーさんに問い合わせてみて下さいね。

CATEGORY
設備機器1
TAG
住まいの不満30
家づくり90
マイホーム100
94
住宅72
入居後のお役立ち情報16
戸建て41
一戸建て46
TOP