トイレは一家に2台がオススメです

ご予算の関係もあるので悩ましいトイレ問題

どのような生活をしたいのかを考えながら間取りを検討するのは家づくりを成功させる為に大事な事です。

  • 家族が長い時間過ごすLDKの充実(機能面・快適さ等)
  • 家事が楽にらるような水廻り動線の確保
  • 子供が学校から帰宅して、親の顔を見ずに自分の部屋へ入って行く事がないような動線にする

等々です。

この他にも是非検討して欲しい事があります。それはトイレについてです。

  • 男性用の小便器を作るのか?
  • 1階に1つでいいのか?
  • 1階に2つ作るのか?
  • 1階と2階に2つ作るのか?

ご家族構成や構造(平屋or2階)によって設置個所や便器の種類は変わりますが、オーソドックスな例(2階建、家族構成:夫婦+子供2人)でしたら、1階と2階に2箇所(それぞれの階に1箇所)作る事をオススメします。

もちろんご予算も絡んでくるお話なので、難しい問題ですが、例えばトイレが1つだった場合を想像してみてください。

確かに子供が小さい時(入居して間も無く)はそれほど不自由に感じませんが、子供が大きくなったに不便を感じる事が多くなると思います。どんな時に不便を感じるかというと朝の忙しい時間帯でのトイレ渋滞です。

生理的な現象ですので、こればかりは避けようがありません。しかも、出発までの時間がないなかで用を足せないのはストレスが溜まり、喧嘩の原因になるかもしれません。朝から家庭内が険悪な雰囲気になるのは一日の始まりとしては思わしくないですよね。

中能登町T様邸も各階にトイレをご採用されました(引用元:シティハウス産業HP

更に将来的にトイレやお風呂のリフォームをする場合にも2ヶ所ある事によって、仮設のトイレを設置して家の外まで用を足しにいく必要もなく便利です。

便器の種類にもよりますが、2階のトイレを作った場合の費用は35万円くらい(便器・設備工事・電気・ドア・窓)だと思います。当たり前の事ですが、リフォームで後からトイレを設置しようとする場合はこの金額では収まりません。

入居してしばらくは使う機会は少ないかもしれませんが、最初に作っておいて損はないと思いますので、是非1家に2台のトイレを設置する事をご検討してみて下さいね。

CATEGORY
トイレ3
TAG
住まいの不満35
家づくり106
マイホーム116
マイホーム計画103
111
住宅88
マイホームの予算32
戸建て52
一戸建て62
TOP