設備(水廻り)機器を決めるタイミングについて

設備機器を決めるタイミングはお見積り前がおすすめです

  • 一日の中でも多くの時間を過ごすキッチン
  • 毎日といって良いほどお掃除をするお風呂
  • 出来るだけ汚れにくいトイレ

これらの設備(水廻り)機器は家事をする方にとって、とても重要な位置づけにあります。しかし、家づくりには予算はつきもの。

  • 便利な(充実した)機能
  • 見栄えの良さ

やはりこれらを拘ればこだわるほどお値段は天井知らずで上がっていきます。

では、どの段階で水廻り機器を選べば良いのでしょうか?

マイホームを建築する際はいくつかの住宅メーカー(以下:メーカー)の中から最終的にお願いするメーカーを選ぶと思います。

  1. 提示された金額で比較検討する
  2. 自分達の家づくりを安心して(信頼して)任せられる担当者で比較する
  3. メーカーのブランドイメージで検討する

メーカーを選定する際のポイントについては別のコラムでご紹介しますが、実はこの中で多いのは2.です。弊社がまさにそうなのですが、お見積りをご提示する段階では、弊社とのご建築をお決め頂いているケースが多いのです。したがって、設備機器を選定するタイミングはお見積り前が理想的です。

なぜお見積り前なのかというと、設備機器のグレードや仕様によって金額は大きく変わるからです。住宅メーカーが標準的にご提案している設備機器でお見積りをする事ももちろん可能なのですが、その場合は往々にしてご契約後に設備機器メーカーのショールームへ色決め等で足を運ばれた際に増額してしまいます。(ご契約後の追加金額ほど悩ましいものはありませんよね。)

これらの理由から、お見積り前に金沢にある各設備機器メーカーのショールームへ足を運ばれる事をオススメしているのです。

ショールームには実機や色決め等で役立つミニチュアサンプルも置いてありますし、専属スタッフがご案内してくれるので、納得いくまでご検討する事が出来ます。(アポイントがないと専属スタッフも応対してくれませんので、来館の際は住宅メーカーの担当者に依頼して訪問アポイントをとりましょう。)

昨日、お見積りご提示前のお客様と金沢のLIXILショールームへ行ってきました。

もちろん、一度選んだからといって変更が出来なくなる訳ではありません。ご契約後や着工前でも何度も何度も訪問して確認する事は可能ですので、手間かもしれませんが、納得のいくまでご検討下さればと思います。

設備機器を選ぶタイミングはお見積り前

私達もそのようにオススメしますが、良かったら憶えておいてくださいね。

CATEGORY
浴室・バスルーム4
洗面化粧台2
キッチン4
TAG
家づくり106
マイホーム116
マイホーム計画103
111
住宅88
マイホームの予算32
TOP