照明スイッチから冷たい風が出てきた場合の対処方法

照明スイッチから冷たい風が出てくる

お客様からのお問い合わせとしては少ない事例ですが、無いお問い合わせではありません。

昔、家の隙間を測定して、どれくらいの隙間があるのかを示すC値というものがありました。このC値が少ない方が家全体の隙間が少ない≒断熱効果があるとみなされていた訳なんですが、実はこの隙間を極力なくしてもどうしても家(壁や天井、床下)の中には空気が循環するような仕組みになっています。

何故かというと、室内で発生した湿気は外に逃がしてあげないと家が痛んでしまうからです。

最近もこの種のお問い合わせを頂いたので、対処方法がないか調べてみました。

隙間風が入ってこないようなプレートがあった記憶もあるので、ネットで検索してから電気業者さんに商品確認。その結果は電気業者さんも商品についての認識がなく、施工した事もないとの事でした。(一般住宅では標準でこの種のスイッチプレートを採用する事はほぼ無いようです。)

更に調べてもらったところ、大掛かりな工事は不要で、部材自体も高いものではないのですが、手間賃を考えると1箇所いくらという価格設定は出来ず、その都度お見積もりをさせて頂く工事になるようでした。

参考までにネットでの評判を調べたところ、評価は上々。もし、このような症状が気になる方は入居後の対応も可能ですので、お問い合わせ下さいね。

 

 

CATEGORY
スイッチ・コンセント2
TAG
住まいの不満41
マイホーム131
127
TOP