駐車場の位置等を検討する際に注意しておきたいこと

駐車場は車が止められればOKではありません

住宅の配置を考える際に駐車場の位置や寸法を検討するのはとっても大事です。そこで、今日は駐車場を考える上でのポイントをいくつかご紹介します。

車社会の七尾。大人一人に1台の生活は当たり前といっても過言ではありません。

  • 車の台数
  • 敷地の方位
  • 周りの環境(道路やお隣さんの建物等)
  • 駐車場から玄関への動線

間取りを検討する際は駐車場についてもしっかり検討しないといけません。

敷地に比較的余裕がある場合は問題ないのですが、敷地に限りがある場合は尚更事前の検討が必要です。ではどのようなところに気をつけると良いのでしょうか?

ボクが注意しているのはこんな事です。

  1. カーポートを設置するのであれば、LDK等への日射を遮らない(LDKへの日射を確保出来る位置)
  2. 駐車場から玄関まで雨に濡れずに行き来できるような位置
  3. 車が停められるだけでなく、しっかりドアの開閉も出来るか
  4. エアコンの室外機等が駐車の邪魔にならないか
  5. 近隣住宅との位置関係

特に注意したいのが1.と4.です。入居後に設置する可能性もあるこれからの工作物や設備って意外と考慮から漏れるてしまう事があるからです。

入居後に「失敗した。。。」という事がないようにエアコンの室外機や倉庫(物置)の位置等も間取りと一緒にしっかり考える事をオススメします。

 

 

CATEGORY
駐車場1
TAG
マイホーム6
マイホーム計画7
エアコン室外機2
駐車場1
カーポート1
TOP