家づくりコラム

  • 間取り

利便性を追求するあまりに陥りやすい間取りの失敗

明星光紀

出来るだけ小さい部屋を沢山つくらないようにしましょう

【とにかく1階を充実させたい】家づくりをする際、このように考えるのは当然です。狭小地や住宅密集地でない限りは1階にLDK、和室、水廻りを配置する事が多く、家族揃って過ごす1階はとにかく便利にしたいと思うからです。

しかし、利便性を追求すると陥りやすい失敗があります。

それは、役割(機能)別の小さな部屋を沢山つくりすぎてしまうという事。

等々。

例えばこのようなホールです

小さな部屋を作ると当然ドア(引き戸)や照明、スイッチが必要になってきます。その結果、建築コストは上がってしまいますので注意が必要です。

その他よくある失敗としては、LDKから洗面脱衣室、洗面脱衣室とサンルームの動線を短くしようするあまりにドアをもうけ過ぎてしまう事があります。

これは逆に不便を生じさせてしまう可能性があります。

ドアが集中してしまっている事例

では、どうすればこのような事態を回避できるのでしょうか?

同じ機能の部屋は出来るだけまとめましょう

このようなお気持ちもわかるし、そのご要望を曲げてまで「小さなお部屋はつくるべきではない」と言うつもりはありませんが、出来るだけ機能的にまとめられるお部屋は一つにすると利便性が向上するかもしれません。

そして、そのお部屋へ行くときには廊下を経由せずにLDKから直接行き来できるような位置に配置するとよいと思います。

先にも書いたように、もし、どうしても小さなお部屋を沢山つくる場合はスイッチやコンセント、家具の配置をしっかり考えてくださいね。

最後に

初めて家づくりに取り組まれる方は、完成してみないとどのような空間になるのかは分からないと思います。その心配を回避するには完成イメージをCGで確認したりする事も大事です。(住宅メーカーの方に「確認したいんだけど」と声を掛ければ対応してくれるはずです。)

一生に一回の家づくり。後悔のないようにゆっくり検討して下さいね。